読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

今回の喧嘩稼業 「お前」の考察

 文学による煉獄が継続中で、とどめとして使われる「第3の」技がなんなのか、というのが次回の見所なのだが。

 正直、まったく思いつかない。

 ただ言える事は、それが決まるにせよ決まらないにせよ、それでアッサリ勝負がつく漫画ではないという事だ、喧嘩稼業は。

 なんにしろ、櫻井の御殿手設定が、まだ何も活かされていない。

 

 最後の文学の台詞、「お前を喰らって確かめてやる」は、ワタクシも解釈が分かれる変な書き方だなと思った。

 普通に考えれば、目の前に居る敵・櫻井を喰らってという事である。

 櫻井が死線を越えて強くなったというのなら、お前=櫻井との戦いという死線を越えて、そんな事があるのか確かめてやる、という意味である。

 

 ところが、この語りかけが「櫻井……」で始まっているならなんの問題も無いのだが、語りかけを「十兵衛……」で始めてしまったために、「お前を喰らって」というのが三回戦での対十兵衛戦の事を言っているように解釈できるようになってしまった。

 今一度、台詞だけを抜き出してみよう。

十兵衛……

死線を越えて強くなるような事があるならさ

お前を喰らって確かめてやる 

  こうなると、どう考えても十兵衛を喰らってやるという意味になる。

 弟子であろうと、生死の戦いになるぞという語りかけである。

 

 しかし、画面では「お前を喰らって」の部分が櫻井に殴りかかる瞬間なので、「お前」は眼前の櫻井と考えるのが、文意からしても自然だろう。三回戦、対十兵衛戦の最中にその台詞ならハマるが、ここではちょっとおかしい。

 今度は、その部分の絵だけを抜き出してみる。

f:id:sammadaisensei:20161004061057j:plain*1

 

 これなら、自然に「お前」は櫻井という事になる。

 要は、台詞と絵の噛み合わせが少々おかしくなっているのだ。

 ここは、「お前」が櫻井であるなら、「こいつ」とか「櫻井」と書けば混同が無かった。或いは最初の語りかけを「櫻井……」にしても良い。

 で、もしも「お前」を「十兵衛」の意で書いたのなら、「お前との戦いが実現したら」を間に入れるべきなのだ。

 

 ただ、その十兵衛との戦いが実現するまでに、まだ幾つもの段階を経なければならないこの状態で、この「お前」が十兵衛の事だと解釈するのは、やはり不自然である。

 これが次の仕合が十兵衛戦なら、「お前」=十兵衛説もかなり強まるが、それは眼前の櫻井の事を眼中に入れていないという事になるので、これだけの強者を相手にその言い草は、やはりそもそも有り得ない。

 とにかくいずれにせよ、金剛を放ってドヤ顔から逆転負けした梶原のように、第3の手が仮に決まったとしても、入江文学の死は避けられないだろう。

 入江文学を愛する者たちの嘆きを更に強めるために、木多が一時的な希望を持たせている。 

ヤングマガジン 2016年44号 [2016年10月3日発売] [雑誌]

ヤングマガジン 2016年44号 [2016年10月3日発売] [雑誌]

 

 

広告を非表示にする