無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

政治の根幹を糺さぬサーカス鑑賞の如き安倍昭恵叩きを狩る

権力者・舛添追求をイジメと言っていた連中がいた

Gさん(仮名)「なんで、そんなに昭恵さん擁護に回るんですか(苦笑)」

ごいんきょ「最大の理由は、わしが保守でありリベラルだからだよ。言っておくが、”保守こそがリベラル”というのは、わしが考えたんだからな。細野豪志じゃないぞ」

 

G(さんざん聞いたし、どうでもいいなあ……)

 「凄いですよねえ。常人には出来ない逆転の発想です。

  だから、弱い女性を守るという事ですか」

ご「物凄く簡略化して言えば、そういう事だな。

  いまだに、ありとあらゆるメディアで、安倍昭恵を叩いているバカ共が闊歩しているから、今回はソイツらを狩りまくろうという事よ。

  いま安倍昭恵を叩いている連中って、大体は舛添がやられていた時には”イジメだ”とかまで言ってた連中だぞ。都知事という権力者で男で、ちっと集中砲火を浴びているからってイジメとまで言っていた連中が、なんの権限も無い女性の安倍昭恵を叩きまくっている。正常な構図ではないな。だから糺すのよ」

 

G「バカ共ってワタクシの事ですよね(苦笑)。

  なんで舛添さんは”イジメ”って話になったんですかね?」

ご「彼が韓国押しだったからだろ。だから権力者なのに擁護したがる奴が出て来たのよ」

 

G「それは陰謀論すぎませんか(苦笑)」

ご「ああ陰謀論だよ。わしの話は全て陰謀論として聞いてくれ(笑)。

  ま、あとは家族まで晒されそうになったからというのは有って、あれは確かに酷かった」

 

G「その辺は、あなたもあの時に解説してましたね」 

ご「わしは都民ではないからどうでもいいと思っていたけれど、政治家、特に権力者は少し厳しい目で見られて当然なのに、それを”イジメ”と言っていた連中の事をわしは忘れないからな(笑)。

  そして、そんな連中ほど今、なんの権限も無い女性である安倍昭恵を叩きまくっている事は、徹底的に糾弾してやる!という事だ」

 

G「おおコワ(苦笑)。で、手始めはどんな感じですか」

ご「そうだな。先ずは最新版のブロゴスから適当に拾っていくか。そうすりゃ手っ取り早く丸丸が何匹か連れるだろう。

  ほら、早速一匹引っ掛かった」

 

 

山口道宏(メディアゴン)

G「なんだか散漫な文章ですね。この人、プロの書き手なんですか?」

ご「木っ端はどうでもいいわ。問題は内容だから。先ずはこれだな」

 

 

即ち、自腹=私人はお粗末ということに気付かないのか。その説明ならば、皇后陛下が自腹だったら「私人です」になるからだ。 

 

 

G「え。皇后陛下を例えに持ってきますか(苦笑)」

ご「な、お粗末だろ(笑)。御皇族は存在自体が公であるという特例中の特例であって、例える対象なんか有り得ないのよ。だって、”国民”ではないんだからな」

 

G「その辺の詳しい解説は長くなるのでやめてくださいね(苦笑)」

ご「ああそう(笑)。とにかくこの程度のオツムだから、言っている事が非常に幼稚。これなんかも変」

 

 

公人の妻は公人で、公人にはプライバシーはないのだ。

 

 

G「そもそもこの人にとって公人ってなんなんでしょうね。芸能人とかは”公人”ではないって事でしょうか」

ご「多分、そういう事だと思うけどね。芸能人の奥さんにプライバシーは無いって言ったら、とてもではないが説得力は無くなるから。

  ”公務に就いている人”っていう、狭義の”公人”だと思うけど、それでも変な定義づけだぞ、”公人の妻は公人”って」

 

G「例えば森友の話に限っても、財務局長とかは公人ですよね、官吏だから。その奥さんも”公人”って事ですか?」

ご「コイツはそう考えてるんじゃないの? だからプライバシーも無いんだそうだ。そんな事を言っていたら、誰も公務員の奥さんにならなくなっちまうよ(苦笑)」

 

G「確かに政治家のプライバシーというのは、かなり限定されますよね。奥さんのプライバシーも同様に限定されるって事ですかね、なんの権力も無く公職に就いていなくても?」

ご「これが首相夫人のプライバシーは限定されるって話なら、まだ聞く耳も持ちようが有るのよ。

  ま、あの文章能力だから、かなり”忖度して”聞いてあげる必要は有るのかもしれない(笑)」

 

G「この人、”ジャーナリスト”を自称してますけど」

ご「なんか、本道は介護関係らしいけどな。だから、そちら方面では尊敬すべき仕事をされているのだろうとは推察する。だけど、この文章は外観も本旨もあまりに稚拙すぎて、”ジャーナリスト”と名乗って書くにはお粗末すぎる(苦笑)。

  第一、安倍昭恵が結婚した当時、安倍晋三議員秘書だからな。公人たる議員の妻になるという覚悟を持って結婚したわけではないから」

 

G「でも、安倍さんはいずれ議員になるのは確実で、しかも未来の総理候補ですよね、当時でも」

ご「常識が有ればな(笑)。政治の事なんか何も関心無かったと思うよ、当時の安倍昭恵は(苦笑)。

  とにかく、わしが言いたいことは一つなんだ。森友問題を追及したいと思うなら、先ずは本当の本物、嘘偽りの無い公人である当時の担当役人を追求しろって話よ。然る後、必要であれば総理大臣である安倍晋三を追求すればいい。

  なんでそこを素っ飛ばして、なんの権限も無い安倍昭恵を叩くの? 話題になるからってだけでしょ。しかも、絶対に反撃しないからでしょ。だから、わしはコイツらを滓って言うんだよ。

  次はコイツだ。≠が来たぞ(笑)」

 

 

横田一週刊金曜日

G「週刊金曜日ですか(笑)。流石に、さっきよりは文章がきちんとしてますね」

ご「内容もまとまっているけれど、やはり結論がおかしいんだよな」

 

 

昭恵氏のこうした場での決まり文句は、「(この問題について)夫に伝えます」というもの。安倍首相に日常的に“直訴”するなど、陳情窓口としての“政治家的”な側面が垣間見える。

谷氏「個人」の切り捨てで終わらせないためにも、昭恵氏、谷氏、田村氏を証人喚問する必要がある。 

 

 

G「田村氏というのは、国有財産審理室長ですね。谷氏というのは、昭恵さんに巻き込まれてしまった(笑)お付きの人ですね」

ご「田村善啓を喚問しろというのは、まだ説得力が有るし、わしも反対はしない。そもそも、そこまで騒ぐ問題とは思っていないけれどな。

  でも、なんで谷査恵子や安倍昭恵がいきなり喚問されなきゃならんの? なんの権限も無いんだぞ」

 

G「この人が言うには、昭恵さんが総理への陳情窓口になっていたからだという事ですね」

ご「馬鹿共にも解り易いように例えてやるしかないのかな(苦笑)。

  あのさ、都知事の話で例え話をするけど、都知事の子供が”家族旅行へ連れてって”と要求したとしようか」

 

G「”馬鹿共”っていうのはワタクシの事ですよね(苦笑)。

  はいはい。子供さんが都知事に要求したと(笑)」

ご「それで都知事が政治資金を使って子供の言う事を聞いたら、子供の責任かよ?」

 

G「なんか屁理屈っぽいですねえ(苦笑)」

ご「子供じゃなくてもいいよ。奥さんって事にするか、じゃあ」

 

G「奥さんが”政治資金からお金を出せばいいじゃない”って指示したという話ですか? 何も言ってなければ、勿論、都知事の責任ですね」

ご「いやいや。仮に奥さんがそう示唆したとしても都知事の責任だろうよ。権限はその本人に有るんだから」

 

G「まあ、そうですね」

ご「だから安倍昭恵の問題だって、彼女が総理に陳情して、それを受けるか受けないかは、あくまでも総理大臣の問題なわけ。それが役人側であれば、権限を持つ役人側の問題なんだよ」

 

G「でも、陳情したかどうかを確認したいという事ではないんですか」

ご「あのさあ、陳情は違法でもなんでもないどころか、今の政治の常道だろ。わしはそこがおかしいと言うんだよ。ちっぽけな倒閣運動しか視界に入っていないから、そんなチンケな話に終始してしまう。

  事は政治制度の骨格という、非常に根本的な問題を見つめなければ解決策なんて出て来ないんだ」

 

G「えーと、急に話が広がりすぎましたね(苦笑)」

ご「共産党から何から、みんな陳情を受けて政治活動してるわけだろ。陳情を受けて、自分の政治信条に合った案件のためにありとあらゆる方策を用いて努力し、実現させるのが政治じゃないか。

  その過程に於いて、私腹を肥やすような事が有ると色々と乱れるから、これは法でも規制されている。そこに問題が無い場合、今の制度ではどうしようも無いだろう。

  大体、たかが8億程度の錯誤でいつまでもガチャガチャやっているのが本当にわからん。東京五輪でどれだけの錯誤が生じていると思ってるんだよ(笑)。それらは放っておいて主婦層に受けるセレブ妻叩きに明け暮れてるんだから、どいつもこいつも下らん連中だ。

  ちなみに”セレブ(celebrity)”っていうのは有名人、名士の事であって、”金持ち”っていう言葉ではないからな、本来は」

 

G「物凄くとっ散らかったので森友に戻しますよ(苦笑)。

  昭恵さんや、昭恵さんの意を受けた谷さんが役人に陳情して、それを受けるかどうかは役人の問題って事ですよね」

ご「そう」

 

G「で、昭恵さんが総理に”陳情”して、それを受けるかどうかは総理の問題って事ですね」

ご「そう。どちらも安倍昭恵には権限が無く、故に責任も無いの」

 

G「だから追求するべきなのは役人か政治家だというのが、あなたの一貫した主張ですよね」

ご「そう。最初から現在まで、今後も、永久に」

 

G「で、政治制度云々というのはなんですか?」

ご「つまりさ、現状の政治というのは、政治家なりが”陳情”を受ける形で進んでいる。そこには、大なり小なり必ず利害関係が絡んでいる。地方から中央から、金銭から地位から、色んなものが渦巻いて政治が蠢いている」

 

G「ええ。そうですねえ」

ご「こんな程度でこんなに馬鹿騒ぎしていたら、そうした”政治”が機能不全になりかねないぞ、今後。その対策を持ってやっているのか、コイツら。

  と言うか、対策を掲げながらやらなきゃ意味が無いだろう」

 

G「と言いますと?」

ご「だから、わしがずっと前から言っているように、実力政治家制を実現させない限り、”癒着”は絶てないよ」

 

G「その話は長くなりますので、またの機会にお願いします(苦笑)。

  要するに、共産党だろうがなんだろうが、”陳情”を否定したら現状の政治が成り立たないって事ですか」

ご「現実の問題としてはな。ただ、そこで個人的にお金を払ったりの便宜供与が有れば、それは失格という事になる」

 

G「豊洲移転問題では東京ガスとの折衝役人が東京ガスに就職したらしいですが、ああいうのは”便宜供与”ではないんですか?」

ご「君が話をとっ散らかしてどうする(苦笑)。

  豊洲の問題は別に独立して話さないと、どんどん長くなるぞ(苦笑)」

 

G「では、話を週刊金曜日に戻して下さい(笑)」

ご「だから、違法でもない事で権限も無い人間、それも女性を、喚問などという公開処刑の場に出そうとするなよ卑怯者!って事」

 

G「かなり短く出来ますね(苦笑)。

 

 

小林よしのり

  次は誰にするんですか」

ご「うん。次は最新週刊誌にしようかと思ってたんだけど、ここに来て小林よしのりが少しだけ良い視点を出してきたな。左卜全は相変わらず薄っぺらだが」

 

G「左卜全(ひだり・ぼくぜん)? 『ズビズバー』の? なんですか、それは……

  泉美木蘭(いずみ・もくれん)の事かな、ひょっとして(苦笑)」

ご「その卜蘭。ボクランとかボンクラはどうでもいいんだけど、小林の話は、漸くこの件の核心に迫ったような感じがするね」

 

 

「影の総理・今井尚哉を監視せよ」

 

 

G「はあはあ。首相秘書官の今井尚哉氏が影のキーマンだと」

ご「それならば、安倍晋三が自信たっぷりに『私や妻が関係していたら議員を辞める!』とまで断言した事が合点がいくわけ。

  谷査恵子を夫人付けにしたのも、彼女を黒子に”家庭内野党”という演出を考えたのも、きっと彼なんじゃないか」

 

G「つまり”忖度”と言うよりは、何者かの直接的な指示が介在したと」

ご「決めつけはいかんよ、決めつけは」

 

G「アレ?(笑) その言葉、どこかで聞いた気が(笑)」

ご「今井は通産、経産官僚なんだよな。だから今回の森友問題が財務官僚側の仕掛けじゃないかという穿った見方も出ていたけど、満更火の気が無いわけでもない。たかが経産官僚と三流私大出の坊ちゃん首相に、財務官僚が悲願の消費増税を何度も反故にされたりと引っかき回されているんだから、一服盛ってやろうと考えてもおかしくないんだよね。

  ま、それはともかく、なんの権限も無い安倍昭恵をいくら叩いたところで下衆どもの溜飲が下がるくらいで、何も本質に近づくわけが無い。勿論、今井は安倍晋三の意を受けて動いている事と、それこそ”忖度”して動いている事と有るだろう。その辺はヤクザの親分・子分と同じじゃないかな。数多くの役人が”忖度”していたと考えるよりは、統括する誰かが”忖度”で動いたと考える方が、まだ理解できる。権力は監視されて然るべきだから、今回の小林の指摘は、今までのような薄っぺらなものではないな。

  わしはこんな程度の事でグダグダ騒ぐなという立場だけれど、どうしても騒ぎたいのであれば、そんなわしが認めざるを得ないようなモノの見方や掘り下げ方をして欲しいものだ。そうしなければ、事の本質から遠ざかるだけだろう。視聴率と販売数だけに明け暮れる馬鹿共は、今後も駆逐していくからな」

 

G「”下衆”とか”馬鹿共”って、ワタクシの事ですよね(苦笑)。申し訳ありません(笑)」

ご「わかってくれればいいんだよ(笑)。

  それはそれとして、左卜全は気持ち悪い奴だな」

 

G「ああ。卜全さんは、ちょっと独特なお年寄りでしたからね(苦笑)」

ご「他人が信じているというものをあんなに悪し様に言えるというのは、ただのお花畑の住人なんだよね」

 

G「卜全さんの話ですよね(汗)」

ご「ああそうだよ(笑)。

  あれで創価学会についてあそこまで書けたら、少しは認めてやるけどさ。与党として実際に政権を何十年も運営している宗教団体は知らんぷりで、弱い連中に向かって刃物を振り回しているのは見ていて不愉快だな」

 

G「創価学会は正しい宗教と思ってるんじゃないですか。日蓮正宗でしょ、あそこは」

ご「あのなあ。仏教だってキリスト教だって、文言を捉えたら現代の我々の考えから見たら、かなりトンデモな事ばかり書いてあるぞ。それに適宜うまい解釈を入れたりなんかして繕っているけど。宗教ってそんなものだろ。

  わしは、一部の知っている人は知っているだろうけれど、ずっと前から宗教とかスピリチュアルみたいな事は全て完全否定しているの。但し、そういう事を言って金儲けする奴とか、安易に利用するテレビ局とかを扱き下ろした事は有っても、そういう事を信じる人々を嘲笑った事は無い。そんなのは最低の奴だから。

  わし以外の人間の心なんて弱いもので、ちょっとした事で拠り所が欲しくなるものだ。そこに権力者も女も無い」

 

G「あなた”だけ”は鋼の心をお持ちなんですね(苦笑)」

ご「ああ(笑)。

  わしの両親も流産を経験したり、母親が病気になったりと悪い事が続いた時に、自分の家の宗派と違う宗教を始めちゃったのよ。わしが大きくなってから、なんであんなのやってたんだよと聞いたら、悪い事が続いたから、知人に勧められてやってみたんだと」

 

G「その頃、若い身空で田舎から出て来て孤独だった人間が多かったって事も有って、新興宗教が飛躍的に伸びたんですよね」

ご「安倍晋三夫妻も、望んでいた子宝に恵まれなかったという、大きな心の傷が有るわけだ。だから、二人がいろんな事を試したくなる気持ちは、わしは非常にわかるよ」

 

G「問題は、その教義で国家を蹂躙されては困るという事ですよね」

ご「そう。そういう事が有るなら、それは糺されなければならない。だから公明党創価学会の役職が有った議員に役職辞任させたんだから、昔(笑)。そういう表層的な取り繕いで、宗教政党ではないって申し開きが出来るのね(笑)。

  それはともかく、政権監視という観点で安倍晋三の政治挙動を見るという事は有って良いだろう。だが、私生活であの二人が何を信じて何をしようが、それをとやかく言って良いのか? その信仰が誰かに迷惑を及ぼすようなものならともかく」

 

G「要するに、心の弱っている人の内面を叩いているって事ですよね」

ご「ああ。そういう人間が少し変わった事を信じているからと言って殊更に論うなんて、人類として最低の奴だね。

  例えば311大津波の後、天皇陛下は厳かに海に向かって礼をされた。荒ぶる海の神に頭(こうべ)を垂れられたのだと推察するが、学術的に考えたら、そんな事には何も意味が無いし、無道心の者は実際に嘲笑っているだろう。頭を下げて水が怒りを収めるはずが無いからな。そもそも海が怒るはずもないだろうよ、そういう連中から見れば」

 

G「まあ、そういう事をせせら笑う人間って一定数いますよね」

ご「そりゃいるだろうけどさ、およそ有名人で、不特定多数に向かって得意がってそんな事を言う奴は、普通いないよ。高校生じゃないんだから、成熟している一個の人間なら」

 

G「そうですね。自分の愚かさを宣伝するだけだと、或る程度の年齢になれば想像がつきますからね、普通は」

ご「そういう未成熟な人間が、卜全なんだよ。で、そんな奴らが口先で天皇のありがたさを語っていたりしたって、誰が信じられるんだって話だよ」

 

G「天皇と宗教も深い繋がりが有りますもんねえ」

ご「わしは、日本人と信仰心の紐帯が天皇だと思っているよ。そして日本人の多くがわりとすんなり受け入れられる宗教観が、八百万の神って事で、万物に魂が有る、神が宿るって事だからな。そこを嘲笑う奴らが偉そうに天皇を語るなんて、それこそキング・オブ・コントだぞ(笑)」

 

G「未成熟とか、偉そうに天皇を語ってる奴らって、ワタクシの事ですよね。本当に失礼しました(苦笑)」

ご「ああ。わかればいいんだよ(笑)」

 

G(場を収める役回りも大変だ……

  谷さんも大変だったろうな(苦笑))

 

 

広告を非表示にする