読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

毒々しい背景の前で無色でいようとすると逆に異様な姿で浮かび上がるでござる

社会 恥痴呆談

 パナマ文書が現時点では予想通り余震程度の揺れで収まっていますが、そんな中での唐突なセコム人事は一体なんなんでしょう?

 どこもパナマ文書とセコムを結びつけておらず、人事の意図も報道されていないため、非常に不透明極まりない。

 どうもかなり以前から対立は有ったようだが、よりによってこの時機というのが想像力を逞しくさせてくれます。

 

 不透明と言えば舛添要一かと言えば、あれは丸見えなのを本人だけが見せてません、見えませんと頑なに言い張っているだけで、本気で言っているなら認知能力に問題が有るだろうという話なので無視。

 

 やはり不透明の本命と言えば、電通様を置いて他に無いわけです。

 ネットニュースのバズフィードが指摘しておりますが、悲しいほどに影響力が小さいので、世間様の殆どには、いまだに電通様のお力は万分の一ほども伝わっていないでしょう。

 畏れ多くも畏くも、電通様は非常に奥ゆかしきお歴々でございますから、ご自分たちのお力を決してひけらかす事をしません。必ず、影で黙って実行するのです。ですからワタクシは、現代の乱破と申しております。

 ハッ。乱破などとはなんと非礼な。

 

 で、バズフィードはきちんと市井の人間のツイートもリンクを貼っています。この辺り、いかにもネットニュースだなと思います。

 電通様の足下にも及ばぬとは言えやはり畏き新聞やテレビのカスゴミ様方は、一般人の動画や記事を参考にしても、決して元記事URLには触れませんからね。真に畏きお振る舞いであります。

 

 さて、そのリンクを踏んでみますと、この様な指摘がされています。

 

 なるほど、たしかに毎日新聞は、「英紙ガーディアン(電子版)は」とハッキリ書いていますね。ご丁寧に電子版とまで限定してくれているので、電子版を見に来ます。

 これが毎日の記事です。

 たしかに「電通」とは書いていませんが、「同紙によると、招致委員会か代理人がシンガポールにある金融機関に振り込んだとみられる」とは書いていて、この「代理人」というのが電通の事なのでしょう。

 

 で、こちらがガーディアンですね。 確かに「Dentsu」と名指しで指摘されてます。

 

 ただ、元記事に比べると毎日の方は抜粋といった感じになっていて、文章量がまるで違います。

 真偽も確認していない段階でしたでしょうし、固有名詞を書かず「代理人」とだけしたのは、許容範囲かなと思います。「代理店」としなかったのは、明らかに情報誘導だろうなとは推察しますけどね。

 

 少し前まで、ワタクシやネット民の一部が電通様のお力の万分の一でも指摘しようものなら、たちまち業界関係筋のお歴々が煙幕を張りまくりました。

 曰く、「電通はただの広告会社であってなんの力も無い」云々。

 もう、そのあまりの奥ゆかしさには感動を禁じ得ません。普通、あの手の業界の存在は、むやみやたらに力を吹聴する人種が溢れかえっているかと思うのですが、電通様周辺は、まるで乱破のように姿を消そうとするのです。

 背景が物凄く毒々しい色をしているのに、そこだけ無色にしようとしたら、却って存在が浮かび上がってしまうものですが、深読みすれば、そうやって奥ゆかしさを演じながら存在感を誇示している可能性も有ります。

 

 ほんの少し前にはこんな報道も有りましたね。

 この辺でようやく、電通様にはかなりのお力、ご威光が有るのだという事に、鈍感でない人々は感じ始めたろうと思います。

 東京オリンピック関連でこのような事が続いていますが、勿論、電通様のお力はオリンピックに限ってもずっと以前のロス五輪の頃から有りましたし、ワールドカップその他の大興行も仕切っていらっしゃるかと存じます。

 ああいう汚い世界では、乱破の力が必要になってくるのでしょうね。

 

 ワタクシはロス五輪以前はオリンピックのテレビ観戦はとても楽しみにしていましたが、ロス五輪での腐敗ぶりが露骨に見えてからは、完全に興味を無くしました。その後は、生放送では一場面も見た事が有りません。

 そんなワタクシから言わせれば、オリンピックやワールドカップに一喜一憂している人々は、あまりこういう事に文句を言う資格が無いように思います。

 過度に騒ぐから商売人が増長するのであって、そしてその増長を更に盛り上げてきたのが大多数の人間である以上、これは誰も責められなかろうと思うのです。乱破も、汚れ役を引き受けていただけでしょう。

 

 特に前回オリンピックではとうとう芸能人まで担ぎ出し、よその国籍を取得させて日本の恥を世界史的に残そうとしている始末。

 ここいらで拒否反応をきちんと示さないと、商売人には倫理観というのはございませんので、更にみっともない活動をし始めるでしょう。

 ワタクシはオリンピックの理想や意義を踏みにじる、鬼畜の所業と指摘しておきます。

 

 電通様のお力は、そうした興業面だけに及ぶものではありません。近年は政治にもしゃしゃり出てきていらっしゃるようですし、更に更にもっと奥の院、本当に情報とか諜報とかいう部分でもご活躍でいらっしゃる事も、ワタクシはお察し申し上げております。

 万人が電通様にひれ伏す世になるためにも、そのような電通様のお力が凡百の人間どもにもわかるようになるよう、ワタクシは念願しております。

 いつまでも影に隠れた乱破などに甘んじられていては、奥ゆかしさを通り越して、不遜というものでございましょう。

広告を非表示にする