読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

【喧嘩稼業仕合予想】 里見賢治 対 カブト を予想する

f:id:sammadaisensei:20160816101641j:plain

 いよいよ一回線最後の仕合予想である。

 この試合も三代川対反町同様、二回線でカブトと反町の同門対決が有るはずだからと、里見を負け役と決めつけている人間が非常に多かった。

 だが、この漫画はそもそも不条理なまでの拳法押し漫画なのである。

 中でも、「最強の格闘技は何か」の問い掛けへの答の一端として、「御殿手」が提示される可能性が非常に高い。

 

 桜井裕章がその直系に有り、傍系の末裔として川口拳治、佐川兄弟、上杉均、里見賢治と、参加16人中、実に半数近い6名がその系統に連なっているのだ。

 しかも、決勝で待ち構えている田島彬と、いずれ姿を現す山本陸という二大重要人物が、その系列にいるのであるから。

 その最強の格闘技である御殿手に、文学・十兵衛の富田流が挑むという構図が、この漫画の隠された主題だ。

 

 だから十兵衛は一回戦で佐川徳夫とあたり、睦夫とも因縁を持っている。

 文学は一回線で桜井とあたり、勝者は二回戦で川口とあたるだろう。

 そういう考えから見れば、決勝に勝ち残る候補は三名。上杉均、佐川睦夫、そして里見賢治。

 ずばりワタクシは、里見賢治が決勝に残ると見ている。

 そして、それは、試合前の記者会見での里美と田島彬とのやり取りという伏線が活きてくる事にもなる。

 

 だが、そういう俯瞰した見方をせずとも、里見とプロレスラーのカブトでは、まったく問題にならない。

 そもそもプロレスは格闘技ではない。人を痛めつける事が目的ではないのだ。

 そういう修練しかしてこなかった人間が勝ち抜けるほど甘い大会でない事は、常識的な目を持っていれば痛感できているだろう。

 いかにパワー・スピード・テクニックが優れていても、急所を突く訓練をしていない者が、それを意識して修練してきた者に、ああした場で勝てるわけがないではないか。

 木多は、そこまで格闘技をナメて描かないだろう。

 

 入り口として、里見は大向こうに受ける「門」を決めようとする。

 だが勿論、プロレスラーとは言えカブト程の強者に通じる技ではなない。

 カブトは自ら身を前方に投げ出し、「わざと投げ飛ばされて受け身を取る」というプロレス的な防御法で門をやり過ごす。

 これには里見も苦笑するが、ではと攻撃を打撃に切り替える。

 それもカブトの反射神経やタフさに苦戦し、組み付かれて組み技に持って行かれ、絶体絶命と見える。

 その時、里見はカブトのキャスバル兄さんマスクに手を掛け、顎を上げさせて、曝け出された喉笛に手刀を一閃して一撃で決めるであろう。

広告を非表示にする