無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談「今村復興相発言 他」

今村復興相失言

Gさん(仮名)「今週、最も政局を動かしたのは、この人の発言でしょうか」

ごいんきょ「それなあ。わしも最初の報道では耳を疑ったんだが、例によって生の発言を聞いてみないとと思っていたんだが。

  このご時世、有るものだな」

 

G「日テレでノーカット動画を流してるんですね。

  なるほど、確かに全体の流れの中では、日本全国で叩く程の事とも思えないですねえ」

ご「大前提として、この男が大臣の器ではない阿呆だというのは有るのよ(笑)。勿論、大臣の、それも復興大臣の発言として失格なのは間違い無いわけ。

  ただなあ。こうも日本中でヒステリックに叩きまくるほどの事かとも思うのね。”ああ、馬鹿なんだね、この人”でいいじゃない(笑)」

 

G「でも、辞任相当ではあると?」

ご「馬鹿に大臣をやらせたままではいけません(笑)。仕方無いね。馬脚を現しちゃったんだから、自業自得というものだ。

  ただ、わしが言いたいのは、もう少し冷静に報道できないのかという事なんだな、いつもの事だが」

 

G「と、言いますと?」

ご「今回の場合はさ、続け様の失態だし、安倍総理もすぐに事態収拾に動いているわけ。しかも、発言の流れ自体は、関東であの地震が起きたらどうなるかという趣旨なわけよ。”東北の方だから良かったけど”、首都圏だったらどうなっていたか。首都圏も警戒しないといけないという事を、地震のメカニズムから解説しているわけ。

  今回は合わせ技一本という感じだし(笑)、何よりも復興相として不用意な発言だった事は間違い無いから、総理大臣の判断で辞任に至らせるという事は当然だと思う。

  しかし毎度の事ながら、発言のごく一部だけを切り取って大々的に報道し、倒閣運動に利用するという扇情的な報道の仕方が、勢い余って自分たちをも傷つけ始めているという事に、まだ気がついていないんだな、コイツらは」

 

G「今回の場合はどう報道すれば良かったんですかね」

ご「だから客観的に、”こうこうこういう趣旨の発言の中で出た言葉ではあったが、復興相の発言としては不用意に過ぎるという判断も理解でき、安倍総理が事実上の更迭に動いたのもやむを得ないだろう”というような報道の仕方なら、ネトサポもアンチ安倍も、そんなに違和感無いんじゃないのかね。病的な奴は別にして」

 

G「被災地の人々の気持ちというものも有りますね」

ご「それはそうなんだけど、こういう的外れで扇情的な記事とか有るとゲンナリするのよ」

 

G「うーん… ”東北で良かった”って思ってる人いますかね?(苦笑)」

ご「だから病的な奴を過度に採り上げすぎなんだよ、昨今(苦笑)。そんな奴いるわけないだろ。いるとしたらソイツは病気だから。

  大多数の人間は、どこにも災害なんか起こらない世界を望んでいるよ。チリ地震で何人死んだ、ああ日本じゃなくて良かったとか思う奴いるか? 被害者意識をあまり振りかざしてはいけない」

 

G「この記事、東京だって他人事ではないって言いたいみたいですけど、正に今村さんが上の動画で言っている事ですよね(笑)」

ご「そう。他人事ではなく、いずれは首都圏でも起きうるから、まだ東北で良かったという言い方をしてしまったんだな。これが本当に完全な他人事だったら、そもそも比較対象にならないんだから。

  要するに、発言を完全に把握しないで、切り取られた報道だけを元に記事を書いてしまっているわけで、コイツも記者失格。それは被災者であろうとなんだろうと、その部分に於いては駄目。

  そうやって扇情的な報道ばかり繰り返してきたから、その有り余った民衆の情念が、扇情的報道にまで返ってきているわけ。”カスゴミ”とかいう心ない言葉を投げ掛ける人間が出て来たのも、まさしく自業自得なのよ」

 

G(”カスゴミ”って言ってたのは正におめーじゃねーか!)

 

 

共謀罪

G「共謀罪に反対する著名人が会見を開きましたが」

ご「なんか説得力の有る人選だなあ、色んな意味で(笑)」

 

G「実際の所、共謀罪って危険な法律なんですか?」

ご「わしに言わせれば、なんか無駄な議論だなあと思うね」

 

G「無駄?」

ご「ああ。だって、アメリカ様の要望で、しかも東京五輪が近くて、何も法整備しないわけにもいかんだろうよ。

  これを東京五輪終了までの時限立法にせよとか働きかけるなら、まだ実利的だけど」

 

G「共謀罪が無いとテロが起きますかね?」

ご「いや。有ろうが無かろうが起きる時は起きる。だから、わしは東京五輪なんか大反対だったのよ」

 

G「有ろうが無かろうが同じなら、必要無いのでは?」

ご「アメリカ様の情報網を利用するために、何か必要な地均しが有るのかもしれないな。

  大体、ムキになって反対しているけど、日本には危険な法案なんて既に結構あるぞ」

 

G「破防法とかですか」

ご「破防法なんて、左翼があれだけ騒ぎまくったけど、あのオウムにすら適用されなかったじゃないか。サリン撒いた集団が破防法に適用されない国だぞ(笑)。たかが共謀罪でそこまで怯える奴は心療内科でも行けよ」

 

G「でも、表現が萎縮されるって話も出てますが」

ご「”天誅”とか”ぶっ殺す”とか書けなくなるってか(笑)。そんな表現は消えて戴いた方がスッキリします。

  あのなあ、反対している連中は、日本が独立国だというお花畑の中に住んでいる人々なの」

 

G「あらぁ(苦笑)」

ご「日本の行動なんて、逐一アメリカ様が監視なさっているからね。だからアメリカ様の意に反する独裁国家になんか絶対になれないから。ま、アメリカ好みの尖兵国にされる危険性は結構あるけど。

  だから、そこまで心配するより前に、きちんと改憲して、米軍を追っ払って、その時にそういう危険となりうる法案も同時に見直すべきという話なら、お説ご尤もですってなるけどさ。

  お花畑の中にいる人々には、先ずはアメリカ様から独立しないと何もなりませんよと言いたいし、それまではお薬飲んで安静にしてなさいと言いたいね。余計な心配は体に悪いから(笑)」

 

 

ヤマト運輸労働問題

G「ヤマト運輸が、本気で来ているようですね」

ご「自分たちで勝手に宅配運転手の負担を増やしておいて、後になって顧客に迷惑を及ぼすんだからなあ。何が”一歩前へ”だよ。どれだけ宅配労働を後退させたんだか(苦笑)。

  ま、今後はもう少しきちんとした運営を心掛けて欲しいし、日本の労働環境や経済にとっても、いい契機になるんじゃないか」

 

G「これで賃上げする所が増えてきますかね」

ご「そう単純にはなかなかいかないだろうけど、漸進はしていくし、いかざるを得ないんだよね。

  但し! 移民とか外人労働者を増やしたら全てがパア。若手が減っていって労働力がどんどん枯渇して行っているから、少しずつ待遇改善せねばとなっていくんだから。相変わらず老若分断工作がネット上で酷いが、そんな事をせずとも、若手の待遇は良くなって行かざるを得ないよ。

  若い日本人に言いたい事は、老若分断工作に惑わされるなよという事だ。そんなのは日本国内対国外の問題に向けさせたくない連中の工作なんだから。年金や医療を劣化させたら、本当に損するのは将来の自分たちだぞ。

 ま、こんなこと言っても、いつもわしの警告は浸透せず、日本はどんどん悪くなるんだがな、日本人にとって」

 

G「例によって証拠は無いから、あなたの陰謀論ですよね(笑)」

ご「そう。わしの話は全て陰謀論(笑)」

 

 

広告を非表示にする