読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

「いいね」だけが欲しいのって卑怯というか気持ち悪いのだが

 「いいね」を押されなかったからって女性を脅迫した男が捕まったが……。

 それじゃ「いいね」の意味が無いだろうに(苦笑)。

 「いいね」と感じた人間が押すものであって、自分で全て「いいね」と思っているのだったら、そんなもの設ける必要が無い。ワタクシのように(笑)。

 

 ワタクシは自分のブログに「いいね」とか「拍手」とかは絶対に付けないようにしている。気持ち悪いから。

 まず最初に、そんなもの自分で付けるって気持ち悪すぎだろ~というのが有るが、同じくらいの理由で、いいか悪いかは自分が一番わかるわいと思っているというのも有る。

 書いたその時には完璧にはわからずとも、暫くして読み直すと、それはもう客観的な視点が出て来ているので、「コイツ凄いな-」とか、「コイツ本当に面白えなー」とか思って読み直す事が度々だが(笑)、「なんだか構成が目茶苦茶だな」とか、「内容を処理し切れていないな」とか感じる事も結構多いし、「ウゼえな、これ」と思う事だって有る。

 前者の感想が圧倒的に多いのだが(笑)、後者の場合にはその記事を削除したくなる。が、それはせずに反省材料も兼ねて残しておく。

 

 ただ、ブログ設定する時にいつも思っているのは、「いいね」ボタンだけでなく「よくない」も同時に設置できるのであれば、設定してもいいなという事だ。

 これが不思議と、探してもそういう機能を持ったブログが、今のところ無いのである。

 第三者の見解を求めるならば、きちんとコメントできるようにするか、否定意見も同時に反映できるようにすべきだろう。

 「いいね」ボタンしか設置できないくらいだったら、ハナから第三者の見解なんか求めずに、自分でひたすら書き続けてれば良いのだ。結果的には同じ事をしているのだから。

 

 今のところ、YouTubeには両方のボタンがあるので、ワタクシもそこではそのボタンを表示している。

 ブログでも「よくない」ボタンを早く実装してもらいたい。「よい」と思った人と「よくない」と思った人の割合を見られれば、少しは第三者見解を知る参考にもなるからだ。

 なかなか赤の他人のブログに対して、わざわざ反対意見を書き残す事は、普通の感性の人には難しい。だが、無記名の「よくない」ボタンくらいなら、押す人も飛躍的に増えるだろう。

 「よくない」を押されるのが怖いなんて人間は、そもそも他人が見ているところに自分の考えを書かなければ楽だろうにと思うのだが、そういう人間に配慮するにしても、「よくない」の設置は個別に選べるようにすれば何も問題無いと思うのだが。

 果たして、どこが最初に「よくない」ボタンを実装するだろうか。

広告を非表示にする