無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

酒とバカラの日々「ウィルトン・ハウス」

 先週はお盆で出掛けていたので、競馬はお休み。

 やろうとすればスマホで出来るわけだけど、どうせ当たらないしね。

 そして昨日は、一週飛ばしたのが禍いして、競馬そのものを忘れてしまっていた。

 ま、やれば絶対に札幌記念だし、ヤマカツエースエアスピネルを軸にしたろうから、やらずに正解だったのだが。

 

 

 さて、やまやで見つけた格安スコッチ。

 なんと、税抜き680円!(700ml・1本)

 間違い無く、トリスやブラックニッカクリアを視野に入れている商品。

 しかし、スコッチの品質と輸送料で、本当にこの価格が可能なのか?

 

 これは、どうも、やまやオリジナル商品らしく、検索しても他の店からは出て来ない。

 発泡酒の”ぐぐっと生”のような物なのだろう。

 色々な意味で心配になるが、もしも飲める物であれば、けっこう懐を救ってくれそうだ。

 取り敢えず飲んでみないと始まらない。

 

 ん~。さすが!680円やねえ。ここまでコクも香りも無いスコッチ、他では飲めんよ。

 じゃあ不味いかというと、そんな事もない。

 値段なりに考えれば、十二分に飲めるものだ。

 と言っても勿論、ストレートでは無理。

 

 ワタクシはハイボールはあまり飲らないので、ロックにて。

 ロックだと、なかなか気の利いた安酒の働きをしてくれる。

 直接の敵となるトリスは論外の品物だし、ブラックニッカクリアもアルコールがちだが、これは腐ってもスコッチと言うべきなのか、コクが無いなりに澄んでいる。

 平素、できる限り出費を抑えるための酒として飲む分には、日本のこれら銘柄より、ワタクシは良いと思った。

 

広告を非表示にする