読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談「炎上男・長谷川二名」

 

炎上男・長谷川豊が政治家に

Gさん(仮名)「ここでも炎上時に何度か扱った長谷川豊が、維新の会から衆院立候補を目指すって話ですが」

ごいんきょ「炎上前から彼の主張は気に食わなかったんだがな(笑)。でも、べつに影響力も無いからと思って反論も書かなかったんだ。だが政治家になるという事であれば、あまりに酷い政策論は駆逐するよ」

 

G「早速あちこちから 叩かれてますねえ」

ご「当然、それは覚悟の上だろうからな、長谷川も維新も。

  それにしても、本当に左翼とか反差別論者みたいな連中って、潔癖っぽくて嫌だね。会見でも全面的に非を認めてるじゃないか。そして仕事も全て失って社会的制裁も十二分に受けたじゃないか。韓国もそうだけど、済んだ事をいつまでも論い続けるって奴には生理的嫌悪感が有る」

 

G「ああ、政治家になるのを邪魔はしないけど、言っている内容には反論するという事ですか」

ご「そう。彼の言っている事は、納得できる事も多かったけれど、納得できない事も非常に強かったからな。ただ、これまでは彼に影響力なんか無いと思って、いちいち反論を書くのも労力の無駄と思ってやめてたんだ(笑)」

 

G「それ、さっきも聞きましたよ(苦笑)」

ご「だってさあ、何度も書きかけてやめたこと有ったのよ。憂さ晴らしできないでモヤモヤした事が何度も有ったのよ(笑)」

 

G「ふへえ。相手が政治家になれば堂々と憂さ晴らしに書けるっていう負の遺産消化欲求ですか」

 (どす黒い内面をよく臆面も無く堂々と言えるな)

 

 

東京新聞の方の長谷川も炎上中

G「長谷川繋がりって言いますか、東京新聞長谷川幸洋も左翼から叩かれてますねえ」

 ご「ああ。でも、あれ、根拠となるような動画が出回ってるじゃない(笑)」

 

G「あれから結構な時が過ぎてますけど、関係者の説明は一向に無いですねえ」

ご「”私は(活動資金のために)稼ぎます”、”若い子に死んで貰う”、”爺さん婆さんは嫌がらせをしてみんな捕まって下さい”って言ってるだろ。で、長谷川がなんで叩かれたかって言うと、”基地反対派の暴力で抗議活動が行われている現場までに近づけない”、”基地反対運動には日当が支払われており、デモ参加者は仕事でやっている”、”日当の資金源は不明”って言ったからみたいだけど、全部上の動画で説明がつくじゃない(笑)」

 

G「多分、デモ参加者の全員が日当を貰っているわけではないという事ではないですか」

ご「ああ。そこは確かに、長谷川の言葉が足りなかったな。”デモ参加者の少なくとも一部は資金供給を受けていると理解するしかない動画が有る”って言えば良かったんじゃないの?(笑)。と言うかこの動画の元動画は、アイツら自身で流してたんだよな。何を考えてるんだ(笑)」

 

G「長谷川って男も、闘い方が下手ですね」

ご「俺ゃ朝生で見ていた時からコイツ嫌いだったのよ(笑)。有り得ないくらいに政治家とか官僚の片棒担ぎの言葉だけ羅列するでしょ。とても新聞記者とは思えないというか、まあ御用記者なんだろうけど、あんな標本にしたいくらいの御用記者って、今まで見たこと無かったから衝撃だったよ、悪い意味で(笑)」

 

G「長谷川も左翼も嫌いなあなたとしては、今回はどちらに軍配を上げるんですか(笑)」

ご「うーん…… 共倒れしろ!(笑)」

 

 

JR民営化の失敗

G「最後は地味な報道ですね 」

ご「ああ。なにしろ、当時からわしが思っていた事だったんでね」

 

G「国鉄民営化を成功と思っている人も多かったでしょうけどねえ」

ご「何が成功なもんか(苦笑)。借金だって大して減ってないんじゃないの?」

 

G「あれって、国労対策って話でしたが」

ご「どうなのかね。とにかく経営的には分割は最低の策だと、わしは当時まだ学生とかの年代だけど思ったねえ」

 

G「一括でやるべきだったと」

ご「当たり前だろう。北海道なんて、そこだけ切り取ったら赤字になるに決まってるじゃないか」 

 

G「そういう所は切っていこうという事なのでは」

ご「あのねえ。そういう事をやっていると、巨大な無人島になっちゃうよ、あそこ(笑)」

 

 

広告を非表示にする