無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

【喧嘩稼業仕合予想】 芝原剛盛 対 上杉均 を予想する

f:id:sammadaisensei:20160816101641j:plain

 いよいよBブロックの予想に入るのだが。

 合気道対空手という事で、非常に注目したい一戦となるこの試合、取り分け楽しみにされているのが、合気道の技や強さをどう表現するのかであろう。

 形あるものは真球でも倒すと豪語する芝原ではあるが、倒しただけではこの仕合、どうにもならない事は、工藤が梶原の卜辻を喰らった時の反応にも現れている。

 柔道となって去勢された投げ技であるが、本来は、関節を決めながら投げて折ったり、頭から落としたりして、如何に相手を効率的に傷つけるかが武芸というものだったはずである。

 合気道は少ない力で効率的に相手を倒す技であろうから、柔道と違い、そういう面での退化はしていないのではないか。

 

 問題は、上杉の煉獄だろう。

 完璧な煉獄を使える上杉が、上手くその体勢に入ってしまえばそれで終わりなのであるから、試合展開は、その一手目を如何に入れるかの駆け引きとなる。これは上杉に限らず、煉獄を使いたい場合の肝ではあるが。

 だが、大抵の手出しは芝原に逆を取られてしまうだろう。

 そもそも上杉の売りは煉獄と捌きであるが、捌きは合気の方が専門であろうし、煉獄に至っては富田流の二人も使うという事で、筋書きとしては残しても面白味が無い。まして、本家本元の山本陸まで控えているのだから。

 このように考えると、序盤はお互いに警戒して捌き合い、観衆の目を惹くも、上杉が煉獄を決めようとして乾坤一擲放つ打撃を、芝原が合気で逆を取り、投げ飛ばし折って顔面を踏みつけて終わると見ている。

 そして二回戦で、柔道王・関修一郎が芝原を投げ飛ばせるかどうかが、大きな呼び物となるだろう。

広告を非表示にする