無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

【喧嘩稼業仕合予想】 佐川睦夫 対 関修一郎 を予想する

f:id:sammadaisensei:20160816101641j:plain

 よーやっと来週には喧嘩稼業を読めるのだが。木多がサボってなければ。

 まだ次号案内が公式に出てないからなあ。

 

 この睦夫と関の仕合くらい予想の出来ないものは無い。

 他の組合せは、一応は遊びで考える事は出来ても、この仕合はどのように作者の中で設定されているのか、今一つ掴めないからだ。

 突き詰めて言えば、睦夫がどう闘うのか見当が付かない。

 

 普通に考えたら、関の瞬殺で終わるはず。

 いくら睦夫が佐川雅夫から投げも教わり、川上を投げ飛ばせるくらいに柔道も熟達していたとしても、関には問題にならないはず。

 睦夫が関を苦しめるためには、どうしても打撃を主体にするしかない。

 だが、半端な打撃など関に取られて、技を掛けられてしまうだろう。

 

 軍隊格闘というものをどう描写するのか、そして睦夫という人間をどのように闘わせるのか、なかなかに興味深い一戦ではあるが、だからこそ、徳夫対十兵衛のような、消化しきれない戦いとなる可能性も捨てきれない。

 いずれにせよワタクシは、関が楽勝にせよ紙一重にせよ、勝ち残るとみている。

 「命をかけて闘います」と言った関が、その言葉通りにここで覚醒し、阿修羅か仁王のように立ち上がるだろう。

 

 二回戦で、関が合気の芝原を投げ飛ばせるかが観衆の興味となる。

 柔道対合気道の描写が実現したら、これは漫画史上かなり特異な描写となるが、やはり難しいだろうか。

 敗退した睦夫は、このままでは透明な人のままである事になってしまうため、彼の考える真の徳夫である十兵衛を倒しに行く。

 それが、彼の「父さん」を取り戻す事になるからだ。そして深層での、弟の仇討ちにもなっている。

 これをきちんと描写できれば、睦夫という人物をここまで描いてきた設定を活かしきる事になるが、木多がそこまでやるか、そもそもそこまで考えているかは、闇の中だ。

 

 とにかく、入江文学を愛する者たちの嘆きの時が刻々と迫っている。

広告を非表示にする