読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

蓮舫とは印象通りの恐ろしい女

社会 恥痴呆談

 結局、こういう事なんだよね。

 蓮舫その者は「帰化」ではなく、今回の問題は二重国籍という事だが、本人はあまりに国籍に無頓着だった事が窺い知れる。

1:誕生〜大学入学 | 蓮舫 | れんほう 参議院議員(魚拓)

1985年
台湾籍から帰化
帰化するまで謝蓮舫という名前で、今でも謝姓に愛着と誇りを感じている

 

 「謝」姓に愛着を持っているのは、当然だと思う。ただ、「誇り」というのがよく解らない。国際人ではないからその辺の感覚は理解できないが、普通、自分の姓に「誇り」という感覚を持つかね?

 そこにはどうしたって、中華系である「謝」という姓に誇りを感じているという、「国」を背負った感覚が有るのではないか。

 とても「日本人である事に誇りを持っている」とまで思い詰めているとは思えない。単に党代表、総理大臣になりたいというだけの事だろう。

 

 その点、こちらの意見はまだ判り易い。

 小学生ならばいざしらず高校生にもなって、国籍変更という人生の一大事を覚えていないということがあるだろうか。「ガラパゴス島国の日本人には国籍は後生大事な存在のようですが、外国人の感覚は違います。国籍放棄を忘れるなんて日常茶飯事。とがめだてするような話ではない云々」としたり顔で擁護する人もいるようだが、実際に国籍放棄の経験がある私から言わせれば馬鹿げた話だ。 

 

 このくだりを読んで、蓮舫氏がウソをついていると確信した。日本の国会議員である彼女が照会すれば半日もたたないうちに確認ができるはずだ。それどころか台湾の官報はネットで公開されているため、検索すれば10分で答えはわかる。それを下手なウソで時間稼ぎを図っていたのだ。

 なんのための時間稼ぎなのか? その答えは民進党代表選だろう。党員・サポーター・地方議員は葉書によって投票する。締め切りは12日必着だ。それまでの期間、のらりくらりと二重国籍を認めずにやりすごそうと考えたのではないか。果たして、締め切りの翌日となった13日に蓮舫氏は記者会見を開き、二重国籍の事実を認めたのだった。代表選では503ポイントと過半数を獲得して新代表に選出されたが、党員やサポーターが二重国籍問題についての結果を知らずに投票先を決めたことを忘れてはならない。重要情報が明らかにされない中での投票だったのだから、やはり代表辞任が筋だろう。 

 

 つくづく蓮舫とは恐ろしい人間である。

 なにがなんでも既成事実を作るために、党員たちの投票締め切りを過ぎてから事実を認めていたのだ。

 よくもまあ、こんな人物を当たり前のように党代表として送り出すものだと普通ならなるが、民主党時代からこの手の体質は知られているので、脱力感しか無い。

 それにしても、こんな人物をまったく問題が無いとして擁護する感覚は理解しがたいものだが、そういう顔触れを見るとまず例外なく、「日本は多様化すべき」とか「移民を推進すべき」という主張の持ち主なのである。

  「グローバル」な基準でも、今回の問題は小さいものではないはずだ。当たり前だ。事は「政治家」の「国籍」なんだから。ほんの一ヶ月前には、こんな報道も有ったようだ。

 

 まあでも、色々と使えるからこのままで行った方がいいのかな。

 そういう問題でもないようにも感じるが。

 

広告を非表示にする