無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

挿しす世相史「冷房電車登場」

 昭和45年7月31日(金)、国鉄(現JR)による初の冷房電車が、一編成の試作車として登場しました。

f:id:sammadaisensei:20160729054602j:plain*1

 では、それまで夏場はどうしていたかというと、ドア付近の天井に、扇風機が付いていたのでした。勿論、更にその前はそれも無く、ただ窓を開けていただけです。

 扇風機付き電車に関しては、「昭和唱和ショー」の方ででも扱いましょう。

 

 この試作車はあまり評判が良くなかったようで、まるで「暖房車」という声すら聞かれたのでした。

 そして、本格的な導入は昭和48年からと、結構な時を必要としました。

 確かに冷房車導入の初期は、冷房車が来ると「当たり」といった感覚になって嬉しかったものです。

 そのくらい、当初は稀少な列車でした。

*1:昭和45年7月31日付読売新聞夕刊

広告を非表示にする