無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談「政官の関係をどうすべきか」

Gさん(仮名)「今回も加計学園の話でやってみましょうか」 

 ごいんきょ「なんか面倒臭いな。絵はミエミエなのに、どうしようもないんだからね、政治ってものは。直接的な贈収賄が無いと、普段からお世話になっているお返しは問題にならないというね。

  だからと言って新聞や野党も馬鹿で、たかだか10万そこらの役員報酬で騒ぎ立てたって、なんじゃそら!?って逆効果だろうが(苦笑)。見ろ、みるみる萎んだから、この話題(笑)」

 

G「いくらなんでも10万ぽっちのお返しで総理が動くはずが無いですからねえ。材料が出尽くしたのかもしれないけれど、本当に逆効果で、水を掛けたようなものですね」

ご「それにしてもネトサポ、安倍晋三ネットサポーターズは、ここも見ていそうだな」

前川氏は私の意向か確かめることができた

 

G「はは(笑)。確かに以前、あなたがそんな例え出してましたね」 

ご「だからさ。大蔵物産の担当者が、『会長、奥様がこう仰っているのですが、そのようにして宜しいですか?』と聞くべきじゃないの?」

 

G「うーん。会長や夫人に恥を掻かせると思って、出来る事なら黙ってやっちゃいそうですね」

ご「それが”忖度(そんたく)”って事だよ。今年の”流行語押し付け大賞”に間違い無くなるから覚えといて(笑)。反安倍用語だし(笑)」

 

G「それを聞かないで自身の判断でやった以上、大蔵物産の責任者の問題って事ですか」 

ご「どの言葉がなんの例えかなんていちいち解説しないけど、大体わかるだろ。 ネトサポめ、わしの意見から使える部分を使っているのは、多分、間違い無いよ。だって、森友問題でも有ったから」

 

G「ま、非常に広範にネットを見ているでしょうから、絶対に有り得ない事でもないですけどね。ひょっとしたら安倍さん御自ら見ているかもしれませんよ(笑)」

ご「それは無い!(笑)

  そりゃともかく、総理が自らそれを言い訳に使ったら駄目だろ(苦笑)」

 

G「どうも安倍さん周りの言動が幼稚になってきていますね」

ご「それだけ触れられるのが本当に嫌な案件なんだろうなあ(笑)。

  ただ、言っている内容はその通りなのであって、本来は不正だと思ったら、責任者に直接質さないと。それが出来る立場なんだから。

  で、何故それをしなかったかと言えば、取り分け内閣人事局ってものが出来てから、官僚の立場は政治家が完璧に握るようになったからだろ。昭和時代のような、政治家と渡り合う官僚なんて、もう出て来られる土壌が無くなってしまったのよ。

  そうした事は前川氏自身も、忸怩たる思いで語っているがな」

 

G「今の人事制度に問題が有りますかね」

ご「やはり三点で監視させ合わないと駄目なんじゃないかな。

  政・官と、あともう一つは何にしたらいいんだろう」

 

G「国民ですかね?」

ご「それは制度設計が難しい、と言うか不可能だな。

  やはり独立性の高い、政治家を査察する組織を作る必要が有るよ。そういうものが有れば、加計学園問題だって裁けるだろうし」

 

G「絶っっっ対に実現しませんね(苦笑)」

ご「それにしても最近、加計学園の話ばかりで、籠池さんも気が抜けてるんじゃないの? 注目されなくなって(笑)」

 

G「んな馬鹿な(苦笑)。でも、菅野完さんはそう思ってるかもしれませんね(笑)。あの後もチョボチョボ”新発見の証拠”を出しているんですけど、まったく注目されませんよね」

ご「ん? あの、薬を飲ませて女の人を陵辱した鬼畜ジャーナリスト?」

 

G「それは別の人です!(苦笑)。ま、菅野さんも性的暴行を報じられた”ジャーナリスト”ですけどね(苦笑)」

ご「似たような輩じゃないか(苦笑)。どうもこの問題に絡んで、追求側にも追求される側にも、変梃な奴ばかり並んでいるよな(笑)」

 

G(おめーも相当ヘンテコだけどな)

 「本当ですね。本当に日本もホンモノは誰だ状態で(苦笑)」

 

 

 

広告を非表示にする