読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

「皇室典範(天皇の退位制度)に関する有識者会議」はあくまでも前座 (訂正あり)

不理意投句 社会

 いわゆる「有識者」の発言に女系派が尋常でない怒りを発しているようだが、もう少し落ち着いたらどうなのかと思う。

 今はまだ、色んな人間の見解を聞いている段階に過ぎないではないか。そして、個人が見解を述べる事を弾圧する空気を作るなど、非常に警戒すべき事である。或る程度の折り合いが付けば、責任者がきちんと判断を下せば良い事なのだ。

 

 この場合、責任者とは勿論、内閣総理大臣である安倍晋三である。

 彼が最終的にどう結論を下すかだけを注視すれば良いのであって、個人の発言にいちいち目くじら立てても仕方無い。

 有り得ない事ではあるが、万万が一、「天皇の退位制度」に着手しないという結論を安倍晋三が下したら、その時はワタクシも改めて彼を糾弾するだろう。

 

 それにしても八木秀次は、朝生で出さなかったから油断していたら、この会議でも臆面も無く「Y染色体論」をぶっている。

 余程、己の名を「Y」の一字でも皇室の歴史に関して刻みつけたいという執念が有るのではないか。

 皇統を物質的に語る奴など、唯物論共産主義者と本質は同じではないか。

 他の論証、論考は妥当なものが多いのに、何故そこまでくだらない次元の話に拘るのか、まったく理解できない。

 

(18:25訂正)

 申し訳ありません。

 平成17年の有識者会議がまだ検索最上位に有って、それを見てしまいました。

 八木秀次が意見を述べるのは、まだこれからですね。

 まさか、今度はもうY染色体論は述べないでしょうし、朝生での発言から察するに、典範改正で意見を整えるかと思います。

 大変失礼しました。

 (訂正終了)

 

 

 「皇統は有史1500年で見ても男系による継承以外を拒絶してきた」という歴史的事実だけを語れば良いのである。

 それこそが「歴代天皇のご意志」であるはずであり、例えば女系派や皇室廃止論者であっても、「たまたま偶然」で有史1500年そのように継承されてきたと考えるのは、これはもう、人としての想像力が欠如した畜生の範疇としか思えない。

 そうではなくて、これまでは確かにそうだった。では、これからはどうなのかと論じるのが、せめてもの「誠実さ」というものであろう。

広告を非表示にする