読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

パナマ文書公開前夜

 日本時間10日未明に公表されるというパナマ文書なのですが、どうなんでしょう。日本ではどの程度の震度が有るのでしょうかね。

 注意深く見守りたいと思います(政治家調)。

 で、当初から囁かれていたのが、「どうせアメリカの陰毛か陰嚢か珍棒か陰棒だろ」という話です。かく言うワタクシも、中国やロシアの要人がズラズラ名前が並んでいるという時点で、ほぼ間違い無いなと思いました。

 で、当の情報提供者からこんな話が。

 なんだろう。この「語るに落ちる」の意味を身を以て解説してくれている風情は。

 「ジョン・ドゥ」って名乗ってるって、アメリカ人ですよね、ほとんど?(笑)

 それとも、発表者の方で訳した名前ってこと? 固有名詞でそれは無いでしょ。

 仮に日本人が「名無しさん」と名乗ったとしたら、nanasisanで発表されるのかな。そうしたら日本人って丸分かりになるから、やはり発表者の方で勝手にジョン・ドゥって訳して発表するのかな。

 でも、だったら持ち込まれたのがドイツの新聞っていうのだから、ドイツ語で表現するのが筋だと思うのだけれど。

 あまり深く考えずに、名乗るままの「ジョン・ドゥ」を発表しただけって気がするけれどね。わからないけれど。

 

 だけど習近平まわりとかプーチン周りとか、更には AIIBで「存在感を示した」キャメロン周りとかが賑やかなお祭りの風情を醸し出しつつあったというのが、偶然というのは有るのだなと思いますね。

 こんなですから、いかにもアメリカの制裁のようにも思えるし、アメリカの要人の噂が出て来ないのも、偶然に偶然が重なっているなと。

 結局、アメリカ経済を歪めている連中が出て来なければ、世界的にはさほどの震度にならないでしょう。いつだって、本当に悪い奴ほどよく眠っているものです。

 日本もその恩恵でと言うか、余震程度で収まるかと思います。余震でも崩れる家が有るかはわかりませんが。

  でも持たざる身としては、こんな感じでありとあらゆるタックスヘイブンが白日の下に晒されたら興味は尽きませんがね。

 それは絶対に有り得ないでしょうね。

 

 「パナマがやられたようだな」

 「ククク……パナマは四天王の中でも最弱」

 

広告を非表示にする