無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

酒とバカラの日々「ラフロイグ 10年」

競馬

第24回 函館スプリントステークス

f:id:sammadaisensei:20170619004725j:plain

 また狙いすぎ。

 でもいい。どうせGIIIは当たらないし、万一来れば一発で取り戻せるから。

 

 

ラフロイグ 10年 

 今週は喧嘩稼業を読めるので、ちと良い酒を傾けたいところ。

 そして、久々に煙い感じのを飲りたいなという事で、残り少なきコイツの出番と相成る。

 ラフロイグ10年。

 但し金の無いワタクシ故に、ハーフボトル。

 

 最近ハーフボトルが増えてきているので、色々と飲みたいワタクシのような人間にはありがたい限り。

 いいねえ、この香り。

 アイラ物を初めて嗅いだ時、あれはボウモア12年だったが、こんな物が本当に飲めるのだろうかと思ったものだ。

 それが今では、素晴らしき飲欲をそそる、いつまでも嗅いでいたい香しきものとなっているのだから。

 

 今宵は、少し喉を通してからチーズを相伴させようと、久々にkiriを準備。

  香りを十分に堪能した後、満を持して口に含む。舌で転がす。喉を通す。

 美味い。

 あ~、久々のピート香。

 

 至福の飲み心地を数口味わいつつ、喧嘩稼業を読み進める。

 いつもながら素晴らしき筆致。

 こんなに贅沢な時は無い。

 目、脳、鼻、舌が極上の醍醐を味わう。

 

 時を得てチーズを口に運ぶ。

 良いウヰスキーには例外無くハマるチーズであるが、ピートの利いた物には更に麗しき和声を奏でる。

 原価を無理矢理に算出すれば、電子書籍代を入れても1000円でお釣りが来るか。

 これだけの充実をこの額で味わえるなら毎週でも良いのだが、惜しむらくは漫画家側の問題で、それは叶わない事なのだ。

広告を非表示にする