無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

又々すっぽかした木多康昭に罰を与えるのだ

ごいんきょ「 Gさぁん… 僕の愛読している『喧嘩稼業』が見つからないの。

  『喧嘩稼業』載りますよね。載ってますよね」

 

Gさん(仮名)「載ってないよ。すでに(漫画家として木多康昭は)死んでいるんDEATH」

ご「ガタガタガタ……

  たしか前回の最後で、39号に掲載予定だと書いてあったはず…」

 

G「予定は未定なんDEATH」

ご「ふざけんなよ~、キタヤスアキ!

  つーか、お前ちっとも来ねぇじゃねーか!

  コナイヤスアキだよ、おめーは!」

 

G「コナイ康昭w 草不可避wwwwwwww」

ご「それっ! 今~日も載らないコナイさんっ!

  それっ! 今~日も載らないコナイさんっ!」

 

G「流石に罰を与えないといけませんね、これは。

  罰として、これからコナイ康昭とここでは呼びましょう(笑)」

ご「たりめーだ、ベーロウ。こちとら、どんだけの思いで待ち焦がれていると思ってるんだよキショーメ。

  いい加減にしねーと喧稼載っててもヤンマガ買わねーぞコラ。

  単行本で全てを済ませるぞオウコラ」

 

G「コ… コナイさん… アンタまさか…

  ヤンマガが廃刊になっても 描かねばならぬ原稿が減ればラッキーと思ってるんじゃ…」

 

喧嘩稼業(9): ヤンマガKCSP

喧嘩稼業(9): ヤンマガKCSP

 

 

 

 

広告を非表示にする