読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

賞金総額一千万の麻雀プロ団体日本一決定戦 開催決定

ノンセクション 酒とバカラの日々

アイビスサマーダッシュ

f:id:sammadaisensei:20160801001211j:plain

 これも非常に簡単だったのだが、それだけにまた倍率が面白くなかったので、敢えて少し外した所を狙いに行ったのだが。

 そのまんま、三頭とも来ちゃったね。それじゃあ仕様が無い。

 

 

賞金総額一千万の麻雀大会

 今、「麻雀プロ」の団体と呼ばれるものは大きく5つ有るようだが、それらが一堂に会して日本一を決めるという大会が挙行される。

 この大会の最大の呼び物は、「プロ」団体が全て集まるという事も有るが、何より感慨深いのは、その賞金額である。なんと賞金総額一千万というのだから、麻雀もようやくここまで来たのかという感じだ。

 小島武夫や、泉下の阿佐田哲也、古川凱章などはどのような思いだろうか。

 

 何しろ昭和時代は、麻雀の大会なんて、老舗・名人戦誕生の時の優勝賞金三十万ですら驚愕的だったのだ。

 その後、「プロ」だけが集まって年間百荘打つという大掛かりな最高位戦で、優勝賞金が百万円に設定された。一年間、百荘打ってのその金額は、棋界とは比べるべくも無かったが、それでも百万の桁を実現させた意義も有った。

 但し、二位賞金は一気に七万円とか、その程度だったはずだ。

 

 それが今回は、優勝団体七百万、二位二百万、三位百万という金額である。

 団体に対してだから、一人あたまの取り分は結局昔とそう変わらない感じになりそうだが、それでもようやくの総額一千万超えである。

 最高位戦が設立された当時から、麻雀界の模範というか目標として、プロゴルフのようになれたらというのが有った。スポンサーを付けて大会を挙行し、一試合の賞金総額が億単位、優勝賞金が一千万単位という次元である。

 今回の大会は、その実現が夢物語でなくなりつつある第一歩となるかもしれない。

 だからこそ、これまで頑なに日本プロ麻雀連盟との和解を拒んできた μ(ミュー)が、今回は対局こそしないものの、同じ屋根の下に並ぶ事としたのだろう。

 

 ワタクシがこの報せに気付いたのは昨日。

 丁度、阿佐田哲也、並びに双葉社名人戦を振り返る特集を続けている最中なので、この共時性に些か驚いてしまった。

 まるで、神様・阿佐田哲也のお導きである。

 各団体、出場者には、身が震えるような緊張感と責任感を以て臨んで貰いたい。

 悲劇が二度と有ってはならないから。

 今の世は、不祥事が瞬く間に万人の目になる時代であるから。


広告を非表示にする