無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

ヒカルとVALU 見解の相違はなぜ生じたのか

Gさん(仮名)「ようやくヒカルVALU問題を扱うんですね」

ごいんきょ「でも、本当は色々と解説を含めながらやりたかったんだよな。なにしろ興味が無い人にはわからないって事がいっぱい含まれてる案件だから」

 

G「ですよねえ。VALUもそうだし、ビットコイン、YouTuber、ヒカル、井川、VAZ、NextStage、なんj…

  何が問題でどうしてここまで炎上しているのかを完全に説明しようとすると、それこそ大変ですよね(苦笑)」

ご「だから事件が起きてからずっと書きたかったんだけど、時間がかかって、まだ書ききれない(苦笑)。

  そうしたら、とうとうヒカルが謝罪動画を出して、劇的に変化が有ったので、仕方無いから語句などの解説は置いておいて、ザッと言いたい事だけ言っておこうかなと。

  今回は、或る程度事件を理解できる人向けの記事に甘んじたわ」

 

G「今回の事件について、どう思ってます?」

ご「わしが今、一番強く感じているのはね、やはりYouTube周りというのは若い人間ばかりだから、全体的に幼いなと」

 

G「それはヒカルさん達のみという事ではなくて?」

ご「ヒカルを叩いている連中も含めてだね。シバター、マホト、はじめしゃちょー、ヒカキン… それからVAZの連中まで、みんな含めて。

  流石に弁護士YouTuberの久保田さんだけは、大人の対応をしていたけど。あと、みずにゃんも最後のライブ動画は、まあ、わしの考えに近いものが有ったね」

 

 

そもそもヒカル・ラファエル・いっくん(禁断ボーイズ)とは

G「そもそもヒカルさんって、どういう人なのかぐらいは言っておきましょうか(笑)」

ご「そうだなあ。一時は250万人を越える登録者が居たYouTuberで、本当に物凄い勢いでトップを伺ってたんだな。

  彼が一際伸びたと言われる動画が、祭りくじのやつね」


当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します

 

G「子供の頃から疑惑の眼差しで見ていた祭りくじを買い占めた企画ですね(笑)」

ご「それで、良くやったみたいな感じになったんだな。

  そんな具合に、とにかくお金を使った企画がヒカルの売りだったんだ。

  ガチャを空にして当たりが有るか確かめたり、チョコボールの金のエンゼルはどのくらいの割合で入っているか調べたり、宝くじで高額当選が出るまで買ったり、競艇で百万円張ったりな。

  で、わしは競馬をやってるから、去年の有馬記念で彼が一千万買った時から、わりと頻繁に見るようになったのよ。そしたら遊楽舎店長とのやり取りも面白くて、ハマっちゃったな」

 

G「とにかく絶対にテレビではやらない、出来ない企画を攻めてましたね」

ご「だからヒカルの動画というのは、YouTuberでは殆ど初めてじゃないか、大人の男が見てもそこそこ楽しめるものが有ったよ」

 

G「ラファエルこそ完全に大人の男向けですけどね(笑)」

 ご「彼もテレビではやれない事を狙ってやってたからな(笑)。

  あと禁断ボーイズでは、シバターがゲストで出たスク水刑事が異常に面白かった」

 

 G「スロット対決の罰ゲームですね。でも、これはシバターさんがスク水姿で往来を行く姿の面白さですよね(笑)」

ご「そうだけど(笑)、企画の勝利でもあるよ。

  わしはヒカキンとか、はじめしゃちょーとか、マホトの動画を見ても面白いと思えるものなんて無かったのよ。完全に子供向けだなと思ってた。でも、NextStageの連中は、わしのようなオッサンをもYouTubeの世界に引きずり込んでくれたのさ。

  あと、NextStageには今回のVALU騒動には絡まなかった怪盗ピンキーっていうのもいて、彼も好きだったんだな。

  尤もピンキーは、NextStageの上位事務所であるVAZの意向で女性と組まされてしまい、面白味が無くなっちゃったけど(笑)。やはり一人でネタやってた頃が面白かったな」


【斉藤さん釣り】カバオ君 VS 斉藤さん

 

G「女性の声が上手すぎますね(笑)」

ご「ピンキーは地味に才能あるよ。動きも綺麗だし、彼はYouTuberの中では一番タレントの才能が有ると思う。顔も、まあ女性受けしそうだし」

 

G「”タレントの才能”って、シャイな恥ずかしがり屋って感じですね(苦笑)」

 

 

VALUとヒカルの食い違い

ご「とまあ、NextStageの連中は、そこらのYouTuberなんかより、わしは面白いと思ってるのね。

  ただ、面白さ、ギャグというのは破壊と隣り合わせでさ(笑)。危ういものでもあるわけ。ネクステの連中も、みんな怪しい連中なわけよ(笑)。

  中でもヒカルは元情報商材屋で、それは本人も認めてる事だし、動画のネタにもしてるのね。シバターとかにも散々いじられてるし、YouTubeを或る程度みている人間なら大抵知っている事なわけよ。

  この人はこんなこと言ってるけど(笑)」

これ意外と知らない人多いんですね。 

 

G「うわ、恥ずかちぃ~~~~(笑)」

ご「みんな散々知ってるっつーの!(笑) つーか本人も何本もの動画でネタにしてるっつーの(笑)。

  で、元々がネット上の一部では、ヒカルを詐欺師紛いと見ている人間が多かったという事が、今回の事件の背景に有るんだ」

 

G「そこへ持ってきて、VALUで優待ネタをちらつかせて、すぐに取り消して売り浴びせたってところが詐欺じゃないのかと言われたのが、事件かと騒がれている部分なんですね」

ご「正確に言葉を使うと、株で言う”売り浴びせ”とは、やや違うようだな。その辺は、この人が詳しく書いてくれている」

 

G「結局、VALUというのはクラウドファウンディングのような投資対象という所が、問題を複雑化しているんですね」

ご「ああ。わしの考えでは、ヒカルやVAZの連中は、これをクラウドファウンディングと思っていたんだろう。実際、そもそもの理念はそういう所なのかもしれない。

  だからヒカルも周辺も、これはヒカルに投資してくれたお金だと思ったんだろうし、それを動画に使えば喜んでくれるだろうと思ったんだろう」

 

G「でも、VALUって、そもそもはそういうものなんでしょ?」

ご「そのはずなんだよな。で、自分が手にしたVALUが、投資した人物の成長によって価値が上がっていくのを楽しむ、という感じなんだと思うのよ」

 

G「じゃあ、ヒカルさんたちは特に悪くないわけですか」

ご「そこが難しいとこでね。これはVALUが真似た株式の世界でも同じ事なんだけど、株だってそもそもは、その会社を応援するって気持ちで投資するのが本当で、株を持ち続けるのが本当なのよ。

  だけどそれだと、何かの事情で手放したいとなった時に、すぐに現金化できる可能性が低くなる。現金化する時に足下を見られたりして、安く買い叩かれたりしかねない。

  そこで一般の投資家を相場に呼び込んで、いつでも誰でも買える状態にしておけば、現金化も簡単にできるわけだな。いつでも買ってくれる人が誰かいるんだから。

  価値流動性を高めるために、一般投資家の呼び込みは欠かせない。だから、金儲け目当てで株やVALUを買う人を悪だとは言えないわけ。

  ヒカルは、その辺がわかってなかったんだね。上のブログの人は、ヒカルは確信犯と思っているようだけれど、わしはそうとは決めつけられないと思う。彼は情報商材屋ではあっても、株式投資はプロではないんじゃないか?」

 

G「井川さんやラファエルさんはどうですかね」

ご「ラファエルはセミプロだから最高値で手放したんだろ(笑)。

  井川は、単純にヒカルのファンから金を取れるわくらいに思ったんだろうな(笑)」

 

G「すると、ヒカルさんに詐欺の意図は無かったと」

ご「そんなもの、有る訳無い。そんな事をしたら、ここまで築いたトップYouTuberの立場が台無しになってしまうもの。彼にはNo.1になるという目標が有るからね。

  だが、若さ故に色々と見誤った。そこは本人が謝罪動画で言っている通りだと思う」


いつも応援してくださっている皆様へ

 

G「この謝罪動画にまでイチャモンを付ける人たちがいますねえ」

ご「まあ、頭を下げたらそれを踏みつけたくなる人たちっているもんでね。そういう国も有るし(苦笑)。

  ラファエルのマスクに文句をつけている人間がサッパリわからん。動画上で素顔を見せてないんだから、これでいいやろ。これが“ラファエル”であって、なんのたれべえとして謝罪しているわけではないんだからな」

 

G「言っている内容はどうですか?」

ご「正直、証拠も無いから確実な判断はしかねるな。嘘をついているとは思えないが、VALUの話と食い違いが有るのも確かだ。

  ただ、これがいわゆる”企業案件”とすると、当然契約書が存在するよな。そんなもの、VALUが否定するはずが無い。という事は、これはVALUが依頼した案件だとは、わしには思えない」

 

G「じゃあ、VAZが仕組んだ話なんでしょうか」

ご「最初の頃、VAZの社長はヒカルたちの動画にはタッチしてないみたいな言い方をしていたのよ 。

森:私たちはYouTube上のマネジメントをするプロダクションですから、所属するクリエイターの活動について逐一報告するようにという体制は取っていません。ですから、新しいSNS(本件ではVALUを指す)を始めることについても、今まで(詳細に)追及してこなかった。この点については、今後このようなことがないように対策を取っていかなければならないと考えているところです。 

 

G「謝罪動画でのヒカルさんの話では、井川さん他数名のVAZ社員がもちかけたようですね」

ご「ここまででのわしの推論を書くと、恐らく、話を持ち掛けたのは井川だろう。彼は前からVALUをやっていたようだから、ここにヒカルたちを上場させれば儲けられると思ったんだろうな。

  で、ヒカルはそれに乗ったと。彼はVALUをファンが自分に投資してくれる場所としか思っていなくて、金儲けでやっている人間は無視してもいいと考えていたんだろうな。井川もそんな感じだったんだろう。

  それで、三人でどれだけ資金を稼げるか、それをやれば動画として面白くなるだろうと考えてしまったんだろうな。金額が大きくなれば面白くなるだろうと。だから、一気に売ってしまったんだろう」

 

G「普段の動画姿勢で、大きい金額を扱っていたのが裏目に出てしまいましたね」

ご「動画では自分が大きな金額をぶっ込むから、見ている人間が面白いのであって、一般人に大きな金額を出させたら楽しめるはずが無い。

  でも、YouTuberは毎日毎日動画のネタを考えなければいけないし、しかもこれは、ファンが自分に投資してくれるお金を動画で見せるんだからという考えに凝り固まってしまったんだろう」

 

G「誰か止める人が周りに居なかったんでしょうか」

ご「だから最初に言ったように、YouTube周りの人間はみんな未熟な連中ばかりだっていう事よ。全員が若すぎる。

  これが或る程度の歴史を持った企業、或いはそうした所から派生したものなら、必ず、相談できる中高年がいるはずなんだ。それが、まだこの世界にはいないのだろう。

  ヒカルにすれば井川が先輩で師匠らしいが、彼にしたってまだまだ若輩だよ。そこで見誤ったな」

 

 

ヒカル以外は無謬なのか

G「最初に、YouTube周り全体が幼いと言いましたけど」

ご「だって、事情もろくすっぽわからないうちから叩き動画を出し過ぎだろ、みんな。そこがもう幼い。

  そりゃ見えてる部分だけでも落ち度はいっぱい有るし、謝罪や説明が無かったという事は有るよ。だけど、それを言いたいなら、きちんと言葉で言えよと思うね。なんと言うか、祭り騒ぎの連中は勿論だけど、全体的にまだまだ幼い世界だなと今回の件でつくづく感じたな。今回の件で真っ向から文句を言えるのは、実際に損害を被った人だけだろ。ノリで叩ける奴は徹底的に叩こうという近年の物凄く嫌な風潮が露骨に出た感じで、非常に苦々しい思いで日々見ていたね。

  大体、YouTuber風情が何をまともぶってるのかと思うね。この辺はシバターが言っている事は正しい。わしに言わせれば、そもそもYouTuber全体が怪しい事やってるじゃないか」

 

G「企業案件ですか」

ご「ステマだろ、要するに。

  ネット上で新聞社のサイト見てみろ。広告はきちんと<広告>って書いてあるぞ。それは、新聞には社会的信用が求められるから、自ら襟を正しているんだ。

  そんなYouTuberいるか? この動画は広告ですと断って企業案件している奴、いるのかよ? みんなステマじゃないか、子供相手に。わしだったら絶対に表記するし、それを嫌がる企業なんか相手にしないよ。金で魂は売りたくないから。

  全体的にまだ若いから仕方無いんだけれども、ヒカルを”詐欺師”呼ばわりして卑しんでいるYouTuberは、自分の胸にも手を当ててよく考えてみろ。何が汚れたチャンネルだよ。ヒカルは汚れてるのを自覚しているだけ、お前らよりマシかもしれんぞ」

 

G「少し前に芸能人がブログを使ってステマやってるのが騒がれましたね」

ご「芸NO人な。たけど、ああいうの、多分、アメリカでは考えられないんじゃないのかな? 昭和時代にわしが読んだ記事ですら、アメリカの芸能人は自分が使ってないもののCMはしないと書いてあったから。

  向こうは訴訟社会だから、もし何か有ったら宣伝していた人間も責任を問われかねないからなんだろうな。でも、それって人として当然の姿勢でもあるんじゃないのか?」

 

G「今回のヒカルさんにも当て嵌まりますね」

ご「そう。ヒカルがこれを案件だと本当に思っていたなら、自分で十二分にVALUを使いこなしてから仕事として引き受けるべきだったんだ。それをやらないで損害を出してしまった以上、ヒカルにも当然、責任は有るさ。

  ただ、わしは彼が今回の動画で不満を漏らしたように、VAZの人間やVALUが、あまりにも扱われ無さ過ぎだと思う」

 

G「その辺、人気が裏目に出てしまう形となってますね」

ご「特にVALUは、明らかに賭博だろ、これ。これが通るなら日本は誰でも賭博を開帳できる事になるだろ。なんでこんなものが罷り通っているのか、これは関係省庁の怠慢だぞ。だから法的に問題無いで罷り通ってしまう。有り得ないだろ」

 

G「誰かに投資したいなら、クラウドファウンディングが有りますよねえ」

ご「それだと決まった事にしか金を使えないからな。自由になる金が欲しい”誰か”が考えたんだろ。堀江貴文かどうかはわからないけど。

  しかもクラウドファウンディングよりタチが悪いのは、既に或る程度の成功をしている人間しか支援されないという仕組みなんだ。勝ち組が、より楽に一般人から金を貪る仕組みだぞ、これ。なんで問題にならなかったのか、ほとほと疑問だよ」

 

 

最後にヒカルに言いたいこと

G「もうそろそろ日付が替わってしまいますが(笑)」

ご「う~ん。やはり、書きたい事をかなり省いてもこんなに長くなっちゃったなあ。

  とにかく、わしはヒカルたちの謝罪動画を見て、物凄くやり切れない気持ちになったのね。わしは若い奴の失敗には甘いんだ。

 

  わしからヒカルに言いたい事は、人間、善と悪とが共に備わってこそ人間なんだから、過去の事は過去の事でいいだろうと。情報商材屋も、今回の事もな。

  でも、せっかく功成り名を遂げたのだから、もう”悪”とは縁を切った方がいいんじゃないのか?と思うのな。

  それから、誰か年の行った分別ある大人を味方に付けろ。”悪”の世界とは関係の無い、新たな人脈を君なら作れるだろ。

  あと、プレゼント企画とか一千万宝くじとか、やりかけの企画はきちんとやってくれな。釈明しながら。

  それが済んだら、もう物で評価や人を買うような姿勢はやめた方がいい。そもそもそういう姿勢だから、何か有った時に”金が全て”みたいに思われるんだ。

  以上いままで書いた事の全ては、ヒカルその他のYouTuber達よりもはるかに金も人脈も無い、ただ年だけ上という人間の世迷い言なんで、誰もまったく取り合う必要無いんだけどな。

 

  ただ、ヒカルはもう時間できるだろ。この子に会ってやれよ」

 

G「心臓病の子に、ヒカキンさん超えを誓った動画ですね」

ご「この時は、直接会うのは難しいなんて言ってたけどさ。会ってあげなよ。

  会って、謝って、でもヒカキンさんを超えるから見ててねって言ってやれよ。

  勿論、そんなものは動画にしてはいけないし、誰にも一言も言ってはいけない。言わせてもいけない。

  だけど、そうやって損得を完全に抜きでした事を胸に持っていれば、それは絶対に心の支えになると思うよ」

 

 

 

広告を非表示にする