読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談「平成二十八年を振り返る」

 

八月八日勅語

Gさん(仮名)「暮れも暮れ、選りに選って大晦日が恥痴呆談なんですよ」

ごいんきょ「丁度いいじゃないか。今年を振り返ってみよう」

 

G「先ず、内政では8月8日の勅語ですよね」

ご「うん。一昨日の29日にも、小林よしのりと野田前首相のネット動画が有ったんだけどな。物凄くつまらないものだったな」

 

G「面白い、つまらないの問題なんですか」

ご「いや、目新しい事は何一つ無かったから。民進党の立場も、小林の言う事も、ああいうものを見たがる人は、みんな知ってた事ばかりなわけよ」

 

G「どうすれば良かったんです?」

ご「わしが司会をやれば、もっと面白く出来たな」

 

G(………)

ご「どうした? 口を合唱隊みたいに大きく開いて」

 

G「開いた口がふさがらないんですよ。あなたが司会したら小林叩きで終わるでしょうに(苦笑)」

ご「そんな事は無いよ。わしは女系派の論点でも、考えるべき点は有ると思っている。逆に男系派の論点でも、おかしいと思う点は多々ある。わしは何物にも依拠していない立場だから、何を語っても偏向する事は無いつもりだよ」

 

G(………)

ご「まだ塞がってないな、口が。まあいい。とにかく、あの放送は負け犬の遠吠えだけに終わっていたな。かと言って、まったくわからない人にわかりやすい内容だったかというと、そうでもない。何が目的だったかというと、小林一派と民進党が力を合わせますよという示威行為なんだろう」

 

G「小林のブログを見ると、『ニコニコにはコメント書き込み機能がなかったが、AbemaTVチャンネルにはその機能があって、我々真の尊皇派が、男系フェチネトウヨを圧倒していたという。みんな、戦ってくれてるんだな』と書いてありますが」

ご(………)

 

G「どうしました? 昭和の軽演劇みたいに顎が外れたみたいな顔をして」

ご「開いた口が塞がらないんだよ。あのなあ。あれって、小林一派が小汚い言葉で所謂男系派を罵倒していただけだぞ? それがアイツらの戦いとは、本当に底が知れているな。結局、道場主の小林がああいう姿勢だから門下生がそうなる。普通に見ている人間は、嫌気が差すだけだよ」

 

G「なんか、匿名掲示板での『論破!』みたいですね。一方的勝利宣言。池野めだか状態ですねえ(笑)」

ご「韓国資本のBLOGOSが、他人を『馬鹿』だの『チンカス』だの、一般民衆を『愚民』だのと一方的に蔑む小林のブログを金賞に選んでいたけどな。『日本死ね』といい、日本の言論、特にWeb言論は死んでいる。

  だが、天皇を語る場では、我々は絶対に居住まいを崩してはならない。そんな事は、心の中に天皇がおはせば、そうと言わずして自然とそうなるのだ。

  昔の長州藩しかり、『尊皇』なんて言葉をワザワザ仰々しく騙る連中は、みな偽者だよ。街宣右翼を見てればわかるだろう。『尊皇』をワザワザ公言している連中は、むしろ天皇と民衆の間を隔たらせようとしているんだよ。意識してか、せずかはともかく」

 

G「そう言えば小林も、”切腹しろ!”だの”誰それは逆賊”だのと、街宣右翼と言っている事が同じですね。天皇制は怖いと植え付けたいんでしょうか(苦笑)。

  ところで有識者会議は、特例法で一致という事らしいですが。

  あなた、この報道を読んだ時に少し目を拭ってましたよね」

ご「陛下が8月8日に仰った『天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした』という言葉が胸を去来したのだよ。

  陛下は、畏れ多くも我々に『深い信頼』を寄せて下さっていると仰って、事を我々に預けられた。その結果が”特例法”となったら、我々は、その『深い信頼』を裏切る事になるのだぞ。こう言う今も涙が湧いてくるわ。

  わしは子供の頃から、人の気持ちを踏みにじる者は許す事ができないのだよ。まして天皇陛下だぞ。文字通りに全身全霊でお務めを果たされている尊き方が、ここまでの言葉を尽くして我々に預けて下さっている事だぞ。

  もし来年、安倍晋三が”特例法”で決めようとしたら、ここは猛烈な、日刊ゲンダイなんか生温いくらいの反安倍ブログになるからな(笑)」

 

G「じゃあ、小林みたいに民進党を応援しますか?」

ご「するわけないだろう、国籍不明の党首を担ぐ連中を!

  わしは先にも言ったように、何物にも依拠しない。民進党だろうと自民党だろうと、政権党だろうと野党だろうと、男系派だろうと女系派だろうと、良い点は認めるし、駄目な事は認めないよ。

  但し、特例法潰しという事に関してだけは、一致している。これは駄目だ。大体、次代の天皇がお年を召されたら、また特例法にするのかよ。そりゃ特例じゃないだろう、そもそも(笑)」

 f:id:sammadaisensei:20161229221354p:plain

安倍外交

G「次に外交を振り返りましょう。特に年末、ロシアとの交渉と真珠湾訪問が続きました」

ご「北方領土は引き分け以下と産経すら書いていたがな。産経が考える”引き分け”って、そもそもなんなのかね」

 

G「さあ。二島返還でしょうか?」

ご「二島返還なら、交渉に乗ったばかりだよな」

 

G「でも、プーチンは主権を渡すかどうかは決めていないとか言い出しましたよ」

ご「それは、向こうの国内も有るからな。香港だって、返還されたらすぐに中国の主権が丸々敷けたわけではない。事実上の一国二制度で返還され、それが今でも内乱寸前に近い状態を生んでいたりする」

 

G「ああ。プーチンは香港のような返還を目論んでいるんでしょうか」

ご「もし返還を考えているのだとすれば、有るんじゃないかな。いきなり完全返還というのは、日本とロシアの希薄な関係と、今のロシア内情とを考えると、かなり難しいだろう」

 

G「そもそもプーチンは、返還する気は有るんでしょうか」

ご「彼個人には有るんじゃないか。彼が日本に一定の敬意を示すのは一貫しているよな。ただ、国対国の話だから、いかにプーチンと言えども『ダー』の一言では決められないだろう。『プーチンは日本のスパイだ』とか言い出す馬鹿は、必ず一定数以上いるだろうから」

 

G「今回の日露交渉の結果を良しとする世論が多い事を、快く思わない人間もいますね」

ご「戦前もそんな感じで、政府の”弱腰外交”を責める奴がいて、国民がどんどん戦争への道筋を作ったんだよな。

  今、現実にロシアに蹂躙されている土地を生きているうちに再び踏みたいとか、漁獲量が著しく減っているので漁場を広げて欲しいとか切実に願っている人々が現地にいるわけよ。どうも、漁場という実利的な問題が一番大きいようだけど。

  北朝鮮政策と準えて”食い逃げ”と批判している人間も多いし、実際にそうなっているわけだけれど、どちらも当事者の叫びはどうするんだという問題が有る。大多数の国民のために泣いて諦めろと切るという考えも有るわけだが、そう考える人間は、きちんとそう書かないといけない。でなければ卑怯者だよ」

 

G「真珠湾訪問についてはどうですか」

ご「あれを叩く人間は卑しい野郎だなと思うね。大体はオバマの広島訪問を叩いていた奴で、本当に1割いるかどうかっていう、おかしな奴だろ。純粋な日本国籍じゃないんじゃないか(笑)」

 

G「中国との二重国籍とか(笑)。あなたの大好きな小林よしのりとその一派が、どちらも叩いてますね」

ご「だから、彼は民進党とくっついちゃったから。大体、表舞台にいる人間は、わしみたく完全に自由にはならないよな。必ず柵みが出来るから。卑しい野郎だとは言ったが、そもそも人間なんて卑しいものなんだから、それはそれで仕方無い。

  それは仕方無いのだが、愚民なら愚民と扱いを一貫しろと思うね。8割以上がオバマ広島訪問や安倍真珠湾訪問に好感を持つのを嘆いたかと思えば、その”愚民”の8割が天皇退位を認めるのを嬉しがったりして、本当に節操の無い連中だと思うよ。卑しい連中の中でも、一際卑しい連中だな」

f:id:sammadaisensei:20161229221000p:plain

トランプ大統領

G「国外に目を向けると、やはりイギリスのEU離脱とトランプ大統領ですか。反グローバリズムの動きなんですかね」

ご「どちらも民衆の意識はそうなのかもしれんが、実際の”動き”が反グローバリズムになるかどうか、けっこう怪しいんじゃないか」

 

G「トランプは、選挙前とは打って変わってウォール街べったりみたいになってますね」

ご「彼が当選した直後に、わしは指摘していたがな。 

  わしがトランプ政権について、”ほぼ”断言している事は、減税政策を実行するであろうという事。これは九分九厘実行されるとみている。

  そして断言している事は、在日米軍が撤退するとか、日本の核兵器所有を認めるとかいう事は絶対に無いという事。

  もう一点、もし減税政策が実行されれば、世界的な歪みは更に強まり、それは世界的な不幸に繋がっていくという事。

  つまり要約すると、恐らくトランプ政権は、世界に災厄をもたらすだろうな(苦笑)。但し、それが必ずしも彼の在任中に症状が出るとは限らない。レーガンによる愚行も、世界中を覆うまでに二十年以上かかっているからな。だから愚か者は、いまだにレーガンを称えていたりする。何も見えてないんだよ。

  尤もトランプの場合は、即効的に世界に災厄をもたらす可能性も結構あるが(苦笑)」

 

G「EUはどうです?」

ご「あれ、本当に離脱する気あるの? 安倍晋三の”憲法改正”と同じで、ただ言ってみただけなんじゃないの?(笑)」

 

G「いやー、そのうちきっと形にするはずですよ。多分ですが(笑)」

ご「まあ、これから他の国がどう選択していくかにも拠るだろうな。流れとしては、反グローバリズムは今年も続くはずで。よほど”連中”が上手くやらない限り」

 

G「連中とは?」

ご「トランプがペコペコしだした連中だよ。わかってるくせに(笑)」

 

G「いやー、マルコポーロみたいになりたくないですよぉ(笑)」

 

 

広告を非表示にする