無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

テレビジョンドラマ誌を振り返る(1)

 先日、長年集めていたテレビジョンドラマという雑誌を、とうとう完全蒐集することに成功した。長い道のりだった。

 創刊号は1983年発刊だが、ワタクシが初めてその存在を知ったのは1986年発売の16号「キーハンターからスーパーポリス」の号だった。

 初めて書店で見た時、まるで同人誌のような専門的な作りに狂喜し、すぐに購入。以後も見かける度に買うようにはしていたのだが、なにしろ発行部数が少なく、書店にはいつも一冊しか入っていない感じだった。

 しかも発行が結構不定期で、だから誰かに先に買われてしまえば、その号の存在はまったくわからないものとなっていた。バックナンバー販売は有ったのだが、なかなか億劫で、そこまではしなかったし。

 部数が少ないために入手不可となっている号も有ったが、ご丁寧なことに、コピーサービスまでしてくれていた。見開き2ページで20円。実費のようなものだ。なんと良心的な運営だったのだろう。

 

 世の常として、良心的な運営では商売が成り立たなくなりがちである。ワタクシは余計なお世話ながら、先行きを懸念していた。しかしワタクシの杞憂を余所に、わりと長く続いていたので、ああ大丈夫なのかなと思っていたら、気がつくと姿を見なくなっていた。やはり駄目だったのかなとたまに気には懸けたが、とうとう再び出会える日は来なかった。1992年末に発刊したと思われる43号で、その歴史を終えていたのだ。丁度丸々十年を節目にやめたのだろう。

 ずっと後年、2000年頃にワタクシがオークションを始めた頃、テレビジョンドラマも探してみた。すると、自分が入手できなかった本が結構見つかって嬉しかった。しかし、物凄い高額な価格で取引されている号も幾つか有った。これは全部揃えるのは無理だなと諦めた。

 

 そうこうするうちに、或る取引で、テレビジョンドラマの編集をしていたという人と縁が有った。たしかにその名前は、編集後記に書かれていた名前の一つだった。

 その人も、稀少な号はプレミア価格を設定してた。かつて自分達がコピーサービスまでして世に問うた本を、そういう形にするのは、かなり複雑な心境であったろうと推察する。

 赤字を抱いて幕を閉じたのだという、案の定の内情を聞かせて貰った時には、なんとも切ない気持ちになったものだ。

 

 そんなドラママニア、テレビマニア伝説の専門書、テレビジョンドラマの歴史を、これから何回かに分けてご紹介していきたい。

 愛好者にひとときの希望と安らぎをくれていた、忘れじの専門誌の世界を。

 

 

創刊号 No.1

f:id:sammadaisensei:20160428004608j:plain

特集 ポーラテレビ小説 ~三人の母から千春子まで~

 全31作紹介

 特別インタビュー TBSプロデューサー 村上瑛二郎

ただいま出演中!

 鎗田圭子「おしゃべりトマト」

レコードトピックス

 「おしん」レコードラッシュ 他

なつかしの名盤珍盤廃盤

 テレビをディスクで

新番組紹介
テレビジョンドラマ放映作品リスト

 1983年5・6月

 

 

No.2

f:id:sammadaisensei:20160428004624j:plain特集 水戸黄門

 全14部全キャラクター紹介

 特別インタビュー C.A.Lプロデューサー 西村俊一

ただいま出演中!

 迫文代「おはようテレビ朝日

レコードトピックス
なつかしの名盤珍盤廃盤

 チェンバリカサウンドによるテレビドラマ主題曲アルバム

プロダクション探訪

 ジャパンアクションクラブ

テレビジョンドラマ放映作品リスト

 1983年9・10月

 

 

第二巻第一号(通巻第三号)

f:id:sammadaisensei:20160428004645j:plain

特集 必殺仕事人

 全4部全キャラクター紹介

 特別インタビュー 山内久司 櫻井洋三

ただいま出演中!

 小倉智昭「世界まるごとHOWマッチ」

プロダクション探訪

 番衆プロダクション

レコードトピックス
なつかしの名盤珍盤廃盤

 小川寛興作曲による GOLDEN HIT TV テーマ集

テレビジョンドラマ放映作品リスト

 1983年9・10月

 

 

第二巻第二号(通巻第四号)

f:id:sammadaisensei:20160428004704j:plain

特集 必殺大百科

 藤田まことインタビュー

 平尾昌晃インタビュー

ただいま出演中!

 西村知江子「世界まるごとHOWマッチ」

テレビジョンドラマ放映作品リスト

 1983年11・12月

 

広告を非表示にする