無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

牛乳石鹸CMは異常に擁護の渦が巻き起こったが宮城県CMはどうなのよ

Gさん(仮名)「ヒカルさん達のVALU問題、まだ扱えませんか(苦笑)」

ごいんきょ「土日で一生懸命書いたんだけど、全部を説明しようとすると、物凄く長く手間がかかるんだよね。今回も間に合わないかもしれないんで、取り敢えずこれを扱おうって事なんだけど」

 

G「壇蜜さんの宮城県PR動画が叩かれて配信中止となった件ですね。ここでも扱おうか迷いましたけど、なんか気乗りしなかったんですよね、あの時は」

ご「なんか牛乳石鹸のCMが叩かれたのは、血相を変えて擁護に回った連中が多かったろ。でも、そういう連中が宮城県CMの時に何を言っていたかというと、何も言ってない。

  単に”電通”を庇いたかっただけなんじゃないのか、アイツら」

 

G「宮城県CMの方は第一広告だって話ですからね」

ご「弱小代理店が作ったものは、叩かれようが配信停止に追い込まれようが、気にもならないってか。なんか気に食わんね」

 

G「では、あなたはあのCMは有りだと思うわけですか」

ご「やり方が下手だったと思うね。

  壇蜜仙台藩士の子孫という事で、観光PRに使おうと思ったと。これはいい。

  壇蜜を使う以上、お色気路線でなければ嘘だ。これもいい。

  だがなあ。観光PRである以上、女子供も絶対に意識しないと駄目じゃないか」

 

G「具体的にどうすれば良かったと?」

ご「通常版と、アダルト版を作るべきだったね。そしてアダルト版の方は、子供がアクセスできないようにして、なおかつ扉ページにお色気ネタが盛り込まれてますと断り書きをすべきだった」

 

G「なるほどね~。壇蜜さんは、あれだけのお色気路線で売っているのに、知性も感じさせる稀有なタレントさんですからね~。通常版で普通に観光案内しても、まったく違和感ないですもんね」

ご「そうだよ。そちらでは正面から、仙台藩士の子孫として上品に案内すれば良かったんだ。

  同時にお遊びとして、アダルト版であの内容を流せば、仮に文句を言う人間が出ても、言い訳がもっとし易かったろうし、押し通す事も可能だったと思う」

 

G「冒頭の頭を撫でてる所から、もうドギマギしながら見ちゃいます(笑)」

ご「この写真な。

  ちょっと形がえげつないね(苦笑)。観光PR動画を見るつもりの人が、いきなりこんな流れで次々と来られたら、そりゃ不快になる人もいるよ。わしは面白いけど(笑)。

  牛乳石鹸動画もだけど、なんでわからないかな? CMっていうのはストレステストはしないのか? 老若男女に事前に見せてみるとかしないのかね?

  ま、まともな想像力があれば、2つともテストなんかしなくても結果は想像できたはずだけど(笑)」

 

G「県知事は、ひたすらアクセス数を強調してましたけど…」

ご「アクセス数が伸びたって、宮城県の節度が誤解されたら逆PRだろ(苦笑)。なんなんだよ、その考え方。

  『内容がエロチックとは思わず』って、すっとぼけかい、こっちも(苦笑)。個人ページの宣伝でもやってるなら、そんなすっとぼけも味が有るけど、地方自治体のCMとして、よくこんなの出したなって次元だよ。どうかしてきてる、日本人」

 

G「面白ければなんでもいいって考えは、本来はヤクザなお笑い至上主義者が、数々の軋轢と鬩ぎ合いながらやっていくものですよね」

ご「そう。堅気も堅気、堅気の大黒柱たる自治体がそんな姿勢ではいけませんな。自治体たるもの非常に広範な人間に配慮しないといけないんだから、せめてアダルト版の発想は欲しかった」

 

 

 

広告を非表示にする