無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

酒とバカラの日々「シーバス・リーガル18年」

競馬

第53回 農林水産省賞典

f:id:sammadaisensei:20170807222349j:plain

  うーん。どれが来てもマンシュウで、なかなか美味しい買い方だと思ったのだが。

 もうちょっと真剣に検討したら拾えたかもなあ。

 

 

シーバス・リーガル18年 
シーバスリーガル 18年 750ml [並行輸入品]

シーバスリーガル 18年 750ml [並行輸入品]

 

  12年でも卓越した美味さのシーバス・リーガルで、18年というのだもの。

 美味いのは当然。

 それでいて、安売り店では4000円台という破格値。しかも内容量は750。

 上のAmazonプライムだと送料込み5200円って……

 

 いっくらなんでも安すぎだろう。

 18年物スコッチをこんな安値で売って、買って良いのだろうかという罪悪感。

 それも、シーバスのような良質の酒蔵…。

 そして、いきなり25年になると2万とかって、間が広すぎるだろう。黒部峡谷か。

 

 要するに、この18年が安すぎるのだ。

 本来なら間に15年とか有って、それが5000円切るかってとこだろう。

 で、18年が8千円切るくらいで有って、次に21年が13000円切るくらいとかって並びじゃないかい。

 どうもシーバスの販売に関する考え方はよくわからんが、酒造りは間違い無いので、どうでもいいっちゃいい。

 

 ま、せいぜい安いうちに戴いておこう。

 なんて言っても、これは頂き物なのだが。

 以前に自分で買った値崩れ品は、コルク栓がボロボロでエラい目に遭ったが、流石にこれはきちんと百貨店で買ってくれた物だけあって、そんな無様な事は無かった。

 その代わり、値段もそれなりだったらしい。百貨店でウヰスキー買うなんて……。

 

 さて、初めてまともに飲むシーバス18年や如何に。

 と思ったら、なるほど~…… 値崩れするには理由が有るのかな。

 いや、以前に飲んだ物は言ってみれば古酒だし、比較できないだろうが。

 それに、これだってそのうちに味わいが変わって来るだろう。あとは好みの差だ。

 

 とにかくスッキリして飲み易い。そして、ウヰスキーとしては甘口となる。

 18年物なので、ストレートでもなんら問題無し。

 と言うか、体質や体調の問題以外でわざわざ混ぜ物して18年物を飲める人はお大尽様か。

 わしゃ勿体のうて、とても水はおろか氷ですら薄められんよ。

 

 木の香りの深さが、流石に18年物って事なのだろう。

 18年物として考えれば、些か返しや膨らみが弱い気もするが、それも飲み易さに繋がってはいる。

 とにかくジョニーウォーカーとシーバスに関しては、良い意味で万人受けのする流石の味造り。

 手軽にスコッチの真髄を愉しむには、価格が低値安定している今が絶好の機会だろう。

 

 

広告を非表示にする