読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

文学が負ける日

今回の喧嘩稼業

 31ページだけあって、なかなかの読み応え。

 しかも、物語上の進展が有って、田島彬と桜井裕章は異母兄弟であり、二人の父親琉球唐手・名護御殿手総帥であると。

 今更ながらこの話を聞かされたアリは「はぁあ!?」と絶句するのだが、喜多がようやく田島の「繋がっていない」背景を思いついたんだから仕方ないだろ(笑)。

 

 ワタクシもその点はかなり前から気になっていたのだが、ようやくとその辺が少しずつ解き明かされようとしている。

 そして、文学の敗退もどんどん色濃くなっていく。

 取り敢えず片側の鼓膜は破ったとはいえ、桜井ほどの手練れにはなんの不利にもなっていないだろう。

 却って桜井の警戒指数を上げ、隙を無くしてしまうだろう。

 

 桜井と田島が戦わなければ、自然な形で田島の背景を語らせる場が無い。

 田島と桜井が戦うことによって、初めて田島の全てが解き明かされていく。

 つまり、入江文学は敗退する。

 

 この企画で存在感を見せた者たちは、山本陸や川口拳治、佐川雅夫の弟子や子孫たち。

 彼らは全て、名護御殿手の末裔と捉える事も出来る。

 つまり、この戦いで明らかになる「最強の格闘技」とは、名護御殿手なのである。

 それでなくては山本陸登場に繋がらなくなる。

 そして、その点から考えても文学の敗退は確実と言える。

広告を非表示にする