無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

酒とバカラの日々「ボンベイ・サファイア」

 お盆という事で競馬はお休み。

 かどうかはともかく、記事の方は書き置きしておいたものなので、詳細は来週にでも。

 ”書き置き”って縁起でもないか。書き溜め?

 予約投稿でいいのか。

 

ボンベイ・サファイア 750ml

ボンベイ・サファイア 750ml

 

 

 さて、初めてのジンである。だから、お試しのミニボトル。

 ジンというと、漫画『レモン・ハート』の中で、メガネさんが一人黙々とストレートで飲んでいる姿が先ず浮かんでしまう。

 勿論ワタクシもストレート派だし、それ以外の選択肢は無い。

 この47度を超えるウヰスキーだって飲んできているから問題無し。

 

 先ず香りに驚く。

 ジンと言えば無色透明、だから香りも味も淡泊だと勝手に思い込んでいたが、事実は正反対。

 公式ページに”ボトルから注いだ瞬間、カクテルと呼べる”とある通り。

 ウヰスキーでは有り得ない、とても華やかな香りが魅了する。

 

 なるほど。ジンとはボタニカル(植物性の物)を数種類加えるもので、このボンベイ・サファイアは、通常のそれより倍ほどの種類のボタニカルが使われていると。

 まだ何がどんな味や香りなのかまったくわからないが、この香りと色の華やかさは、確かにカクテルと言えるくらいのもの。

 当然、味もそうしたものだろと含んでみると、正に。

 微かな甘口が心地良く染み通る。美味い。

 

 ジンって、こんなに飲み易い酒だったのか。

 50度近くも有るから、かなり難儀する酒だとばかり思っていた。

 まして漫画で、あの難物たるメガネさんが黙々と飲んでいたから尚更だ。

 ま、酒に不慣れな人には50度近くって、それだけで飲みづらいだろうけど。

 

 美味いね~。

 こりゃ、これからはジンも普通に購入対象だな。

 こんな強い酒を、訓練の賜物とは言え、難なく飲める健康な体に感謝。

 お次はウォッカに手を伸ばしてみるかあ。

 

 

広告を非表示にする