無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談「安倍晋三に対する助言」

加計学園

Gさん(仮名)「やはり加計学園の問題が尾を引いてますね」

 ごいんきょ「え?そうなの? 週刊新潮には、前川前文部次官が破廉恥な男とわかったから、この問題は収束に向かうって書いてあったけど(笑)」

 

G「典型的な御用記者の文章じゃないですか(苦笑)。まだ終わってませんよ、この話は」

ご「確かに、わしも森友の時はそんなの政策次第で構わないじゃないかと思っていたけど、こちらの方は、きちんとした何かが出て来たら更に言い逃れが出来ないぞと思っていたけれどね」

 

G「ああ、そうなんですか。するってえと、安倍さんは追い詰められていると」

ご「するってえと? おうおう。なんだって急に江戸弁になりやがんでい、コンチクショウ」

 

G「いや、別に江戸弁ってわけじゃ(苦笑)」

ご「先ず、わし個人が合点がいかないのはね、この前川、なんで今になって、つまり首になってから言うんだよと。それこそ憂さ晴らしと取られてしまうじゃないか。

  ま、その辺は本人も、きちんとその時に抵抗しておくべきだったと後悔しているようだが、それが本来の”公僕”の役割なんだからな。昔の官僚は、選挙を気にする政治家なんかに天下国家は任せられないってくらいの気概が有ったもんだが。

  相手がガキみたいな安倍政権だから、幼稚な暴露合戦に持ち込んで、自分たちで一部マスコミをアンダーコントロールに置いている事を暴露してしまうという失態を犯してくれたけどな」

 

G「確かにミエミエの造反者締めで、実は安倍内閣の傷を更に広げそうですけどね。どうなんでしょう、まだ支持率は変わらないんでしょうか」

ご「こういう不愉快で不自然な作為を次々に出してくれば、いかに阿呆な国民と言えども、段々と嫌気が差してくるかもしれないね。ま、急落は無いんじゃないの?」

 

G「だって、出会い系バーでしたっけ? そんなのを咎められたら、我々男連中はみんな夜遊びできなくなりますよ(苦笑)」

ご「ふ~ん、そうなの? わしには無関係だけど」

 

G(あ、きったねぇ~~!)

ご「それはともかく、読売新聞は後代に恥を残しまくっているな。あんな不自然な提灯記事を書きまくって。安倍はまた、私の弁解は読売を熟読してくれって言うのかね?(笑)」

 

G「そもそも提灯記事というのは…(略)。相対的に安倍さんを持ち上げてるんで提灯記事でいいんですよね(苦笑)。

  それにしても、総理が国会で”読売新聞を読んでくれ”って言ったり、どんどんまともじゃなくなってますよ」

ご「こうした一連の流れを三十年後の日本人がもし読んだら、この時代の奴らはこんなのに高支持率を与えて自惚れさせっぱなしだったんだと呆れられるだろうな。或いは、今よりも日本人の劣化が進んでいるのか?」

 

G「森友の時と比べて、あなたもかなり辛辣ですね」

ご「わしはあの頃にも言っていたはずだよ。役人の判断に有無を言わせぬ言動をして我を通したら、その時は国家の私物化だから国民はソイツらに鉄槌を下さねばならないと。

  加計学園の話は、現在まで表に出ている材料で判断する限り、加計疑獄だよ。安倍晋三に対する利益供与と、それに伴う権力の濫用だ。逮捕案件だと思うよ、わしは」

 

G「それは、表に出たからですよね(笑)」

ご「まあな(笑)。実の所、国家次元でも地方次元でも、政治なんてのはこんな事の積み重なりなんだよ。わしの会社の経営者は元地方議員だから、そういう生臭い話は在り在りと眼前に現れる。日常的に見ているよ、選挙協力とそれに対する見返りの政策実行をな」

 

G「しかし、それを断とうと思うなら、実力政治家選挙制にするしか無いという事ですよね」

ご「それだけでは駄目で、その上で制度をきちんと設計しなければいけないがな。とにかく現状の”民主主義”なんてものは、必ず恩とか弱みとかを誰かに対して作ってしまうわけ。それが腐敗の温床なのに、誰もそれに気付かず傍観していて、あげく事が表に出た時だけモグラ叩きのようにその当事者を罰して満足する。

  臭い匂いは元から断たなきゃ駄目なんだ」

 

G「また平成っ子に元ネタがわからない事を言う…(苦笑)」

ご「わしが見ている事例だって、誰かが解説しながら工事とかするわけではないからな(笑)。そういう目を持っていなければ気付かない。先週、例に出した新幹線の話だって、言われればああそうかと思うだろうが、言われなければみんな見過ごしていただろう?

  まだまだ、わしには見えている不正なんて腐るほど有るよ。有名なとこでは築地移転だってそうだし、オリンピックだってそうだけどな。どれも政治家実力制にしないからであって、政治家が馬鹿だから役人と癒着しないと政策を実行できないし、金やコネが必要だから実力者の言う事を撥ね付けられない。そこを変えないと、なんの意味も無い。何十年、何百年経っても同じ事の繰り返しだよ」

 

G「旧運輸省佐藤栄作さんの流れが牛耳ってましたが、旧文部省と言えば、正に安倍首相の出身派閥の長だった森喜朗さんですよね」

ご「なに? 東京オリンピックを牛耳って食い物にしている奴が?」

 

G「どんな聞き間違いですか!(苦笑)

  文部省利権と言えば森さんですねって言ってるんですよ」

ご「ああ、そうそう。だから、安倍晋三もいい気になって強気で差配したんだろうけど。驕りだね。しかも、派閥としてのだから意識しないで自然にやってしまっていたんだろう」

 

G「直接指示したのは首相補佐官という話も出てます」

ご「ウィキペディアを見てみたら、首相補佐官というのはこんな役割らしい」

国家として戦略的に推進すべき基本的な施策その他の内閣の重要政策のうち特定のものに係る内閣総理大臣の行う企画及び立案について、内閣総理大臣を補佐する 

 

G「なるほど、真っ黒ですね(笑)」

ご「それが”国家として戦略的に推進すべき”政策なら、わしも擁護に回るわけよ。例えば森友の件なんか、たまたまあの学校はアレだったから駄目だったけど(笑)、 きちんとした学校なら有りと思うわけ。

  ところが加計学園の話は、最初から末尾まで違和感で塗り固められているのよ。しかも、官邸から具体的な指示が有って、それに役人が難色を示しても、”反対は受け付けない。とにかく進めろ”というやり方だったとな。国家の私物化、ここに極まれりで、右翼という者が健在な時代だったら刺されてるね、安倍は」

 

G「それが怖いから共謀罪をムリヤリ通したんでしょ(笑)」

ご「なるほど(笑)。

  ま、いずれにせよ、ここまで表沙汰になったのは、わしは天皇を軽んじて”特別法”なんてもので御した天誅……は不味いんだっけ?(笑)、天罰だと思っているよ」

 

G「このまま逃げ切れますかね、安倍さんは」

ご「多分、何がなんでも逃げ切るつもりなんだろうがな。わしは、ここは大所高所に立って、もっと先を見据えて振る舞った方が彼のためになると思うよ」

 

G「と言いますと?」

ご「誤解を与える行いにより世間を騒がせた責任を取って、今の任期を全うしたら総理総裁を辞めると言ってしまうんだよ。そうすれば、一期だけ誰かに預けて、次にまた再選っていう目も有るかもしれんぞ。このまま強行して、再起不能な次元まで支持率が下がってからだと、その可能性は皆無になるぞ」

 

G「誰に預けるんです?」

ご「世代交代をお預けにするって意味でも、麻生太郎が適任だろう。ネトサポ連中にも理解が得られやすいんじゃないか」

 

G「安倍さんの支持率は下げ止まったとしても、自民党の支持率は下がりそうですね(苦笑)」

ご「でも、前回の時だって麻生は目立った悪政はしてないしな。わしは少なくとも、石破よりははるかにマシだと思う。もし石破が総裁になったら、それこそ自民党の危機だぞ。あの顔、あの喋り、応援したくなるか?(苦笑)」

 

G「蓮舫さんと不人気指数を争うようになるかもしれませんね(笑)。でも、麻生さんも一般受けはしない感じがしますが(苦笑)」

 

 

まだ安倍昭恵に絡むストーカーども

ご「わしが以前から言っていた通り、役人や政治家から攻めていかなければ事態が進むはずが無いわけ。その意味で、最近の一部マスコミは、安倍昭恵叩きをしていた頃よりかなりまともになっているよ。

  権限が無い人間をいくら責めた所で、権限が無いという事は責任が無いという事であって、それをするのはただの嫌がらせ。屑の所行なのよ。例えばコイツらも」 

告発状によると、昭恵氏は昨年6~7月、参院選の候補者応援に夫人付職員ら政府職員5人を同行させたとされる。告発人は「特定の政党が推薦する候補者の支持を訴える行為は、公務員が守るべき政治的中立性を犯している」と訴えた。 

 

G「なんでしょうね、この理屈?」

ご「理屈なんてどうでもいいのよ。安倍昭恵に嫌がらせが出来ればいいんだから。人間の屑みたいな連中だとわしは思うけどね。

  大体、公務員本人が特定候補の支持を訴えたわけではないわけ。もう、およそ発想が正常じゃない。最近の安倍政権も正常じゃないし、国際情勢だけでなく日本国内も”ホンモノは誰だ”状態になってるな(苦笑)」

 

 

 

 

広告を非表示にする