無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

『ガイアの夜明け』キリン説教映像を斬る

ヒカルにかかった呪いの正体とは

Gさん(仮名)「ん? ヒカルさんの話をもう少しするんじゃなかったでしたっけ?」

ごいんきょ「あれね、わかった。シバターなんだよ」

 

G「は?」

ご「いや。わしはてっきりマックスむらいの呪い、マックス呪いだと思ってたのね」

 

G「ヒカルさん、マックスむらいさんと絡んですぐに落ちたから、マックスむらいの呪いだという話はチラホラ言われてますよね(笑)」

ご「そのマックスむらいとのコラボ動画の中で、『YouTuberがみんな怖れる村井ロード』とか揶揄してたけどさ、まんまと自分が村井ロードにハマりつつあるからな(笑)。

  しかも村井側がヒカルを主人公にした漫画やアプリの開発にかかったろ。それが、今度の騒動で出せなくなったろ(苦笑)。

  こりゃもう、村井の呪い、”マックス呪い”としか言い様が無いと、わしも思ってたのよ(笑)」

 

G「でも、村井さんはヒカルさんとの動画の後、物凄く面白くなりましたよね」

ご「これな。『あなたの言ったこと忘れてませんよ』には笑った(笑)」

G「確かに、この動画で吹っ切れたというか、新たな一面を開発しましたよね」

ご「村井本人は面白くなかったからオワコンになったわけだけど、見事に盛り返しつつある。これはヒカルの功績だよ」

 

G「ご本人は”村井ロード”から脱しつつあるんでしょうか(笑)」

ご「だからさあ、わしは、ヒカルにオワコン菌、”オワ菌”を移したから治ったんじゃないかなと思ったのね(笑)」

 

G「風邪ですか!(苦笑)」

ご「まあ、そんなようなものだと(笑)。

  だからヒカルを治すには、今度は村井の方が救いの手を差し伸べて、オワ菌を引き受ければいいんじゃないかと(笑)」

 

G「免疫できてるんじゃないですかね(笑)」

ご「かもしれない(笑)。すると、誰か他の人間が救いの手を差し伸べてあげればいいんじゃないかなと」

 

G「”村井ロード”にハマる菌を誰が引き受けるんですか(苦笑)」

ご「とまあ思ってたんだけど(笑)、実は真の病原菌はシバターじゃないかと気付いたのよ」

 

G「あ~。確かにシバターさんこそ、関わる人間はみな不幸になるという伝説の持ち主ですもんね(笑)。しかもヒカルさんも、シバターさんともコラボ動画をやってしまった…」

ご「実は村井とのコラボが原因ではなくて、シバターとのコラボで不幸を呼び寄せてしまったんではないかな。

  両方の相乗効果なのかもしれないけど(笑)」

 

G「でも、やはり数々のコラボ企画が潰れてしまった村井さんの線が濃いような…(苦笑)。

  村井さんも、ここのとこの面白さから復活は間違い無いでしょうし、ヒカルさんも今度は良い方向で引っ張って貰えるといいですね」

 

 

ガイアの夜明け騒動に思う『酒は楽しく飲め 説教は素面でしろ』 

G「事の発端はテレビ番組なんですけど、それを元にネット上で賛否が喧しい話が有りまして。お酒大好きなこことしては素通りできないなと(笑)」 

ご「これはねえ、牛乳石鹸騒動の時と通じるものが有るけれど、商品を売る立場として絶対にやってはいけない事をやってしまったのね」

 

G「その商品に負の印象を与えてしまう事ですね」

ご「ああ。大体、若い奴にとって上司が混じる飲みの席なんて、鬱陶しいものなわけよ、そもそもが。

  それって、酒の席は嫌だなあという負の印象を植え付ける要素で、酒の会社だったら、そういうものを払拭するように動くのが本当じゃない」

 

G「あなたも、ここの前から酒ブログやってますけど、それはそういう理由でしたもんね」

ご「もうね。安酒はどうでもいいよ。だから普通のキリンビールでグダグダやるのは、本当はどうでもいいんだけど(笑)、きちんとした酒はさ、造る方も精魂込めて造っているわけだから、美味しく、楽しく飲もうよと。

  尤も、わしは若い頃から酒は楽しく飲もうと心掛けてきたし、絡み酒の奴とかいると本当に嫌で、俺はなんでこんなとこにいるんだと思ってたけどね」

 

G「でも、会社の上司との酒は断れないでしょ」

ご「そこはもう、仕事の延長と割り切るしか無い訳だけど。

  だから、わしは若い頃は酒なんかあまり好きではなかったのよ。それが今、本当に酒が好きで、酒を飲むのが楽しくて仕方ない。

  こんな素敵な物を貶める奴は阿呆だと思うし、それを製造会社自らやってしまったのが、本当に情けない」

 

G「CMではないから油断してしまったんでしょうね」

ご「CMではなくてドキュメンタリー? 真実?

  もっと悪いわ!(笑)

  私生活からして楽しんで、美味しく酒を飲まない会社が作る酒を美味そうに感じるか? 絶対に駄目だろ」 

 

G「なんで酒を飲むと説教したがる人がいるんでしょうね?」

ご「素面で言うと角が立つとか思うからだろ。酒の上の話は酒の席で忘れろみたいな。

  わしに言わせれば、説教こそ素面の時にしないと駄目だろ。きちんと叱って、導いて、その後で関係修復のために楽しく杯を交わすというのが本当だとわしは思うよ」

 

G「なるほど~。そういう映像だったら、たしかにお酒に良い印象を持たれたかもしれないですね。酒は潤滑油、ですか」

ご「わしは若い時から、それは信条にしてたからな。文句や説教などは、酒で誤魔化さずにきちんと言う。言えない事は我慢する。酒の席はとにかく楽しく。 

  ま、本当に気の置けない人間だけで飲む場合、深刻な話とかも有りなんだろうけど、わしは可能な限り御免被りたいね」

 

G「お酒は美味しく、楽しく楽しみましょうと」

ご「わしはブログで、そういう事とか、酒で量を自慢する奴は馬鹿だという事を、何度でも書いて啓蒙していくよ。誇るべきなのは酒量ではなく、どれだけ美味しく、楽しく酒を飲んでいるかという事なんだとな。

  こうした事に反する連中が、酒に対する世間の偏見を強める、酒の敵なんだ。それは即ち、わしの敵でもあるな」 

 

G「お酒を造っている人たちは、肝に銘じて欲しいですね」

 

 

広告を非表示にする