無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

よりひととその周辺に関して

Gさん(仮名)「今度はよりひとさんが色々と弄られてて、ついに活動休止を宣言してしまいましたが」

ごいんきょ「あまり扱いたくなかったんだけどね、この話題。でも、他に適当な話も無いし、あと、もう一組の炎上気味の連中とも繋がるので、仕方無いかなと」

 

G「例のサイゼリヤの一件ですか」

ご「そうそう。サイゼリヤで全品を注文した阿呆の事。宣伝したくないので名前は書かないけどな」

 

G「チョコスモのパクリ連中ですよね(苦笑)」

ご「大体がそこからして気に食わなかったんだけど、ヒカキンをパクったデカキンなんてのが50万人級いったりと、YouTube界はガキが多いから構図が単純なんだよな。

  で、よりひとっていうのは、そこを利用してきた奴なんだよ」

 

G「YouTube界の単純な構図を?」

ご「そう。具体的にハッキリと書くと、彼は炎上屋なんだ」

 

G「あぁ…はい、はい」

ご「そもそも彼の師匠格に破壊系YouTuberと呼ばれる たむちんっていうのがいて、わしは何が面白いのかサッパリ分からないんだけど、おそらく見た目の派手さとか親父の存在などが受けたんだろう。

  で、たむちんはそこから炎上系との接触も始めて、シバターなんかと三文芝居の仕掛け動画をやり合ったりしたんだよな」

 

G「シバターさんの本職であるプロレス的なやり取りですね」

ご「そうそう。タイガー・ジェット・シンが買い物中の猪木を襲いましたみたいな(笑)。経験値の高い大人には通じない話なんだけど、YouTube界というのはガキが占めてるから、これが面白いように引っ掛かるわけ。みんなシバターとたむちんがやり合ってるみたいに興味を持ったんだな」

 

G「ま、他人には迷惑かからなければ、それも一興ですよね」

ご「そうだね。でも、たむちんが、よりひとを売り出した時は酷かったぞ。よりひとが多村家に押しかけて警察沙汰になったとネット上で言い触らして」

 

G「本当なんですかね」

ご「だからさあ、シバターとのやり取りでわかる通り、プロレスなんだって。警察が来ようが来まいが、お互いに話し合ってる訳よ。で、恐らく警察なんか来てない。来てたら動画に収めない訳が無い。絶対に再生数を稼げるから(笑)」

 

G「よりひとさんは、そのやり取りで閲覧数が伸びたんですね」

ご「大体、わしは炎上させて再生数を稼ぐなんて奴はロクなもんじゃないと思ってるから。それに、よりひとは最初のアレが嫌いだったんだ」

 

G「きらりんちょきらりんちょ、シャキーン!ですか(笑)」

ご「そうそう(笑)。なんだコイツはと思ったよ。頭が長くてなかなか本題に入らないし、最初の頃はそこの部分の途中で見る気が無くなって、他に移っちゃってたのね。

  でも最近は、それが無いと物凄く物足りなくなってたのよ(笑)」

 

G「どっちなんすか(苦笑)」

ご「で、あれにハマりだしたらマメに彼の動画も見るようになってたんだけど、彼は”物申す系”の範疇に入れられてるみたいだけど、あれは自分でも”弄り系”と言っているように、物申すとは少し違うね」

 

G「真っ向からまともに意見を述べるって事は、基本、無いですよね」

ご「無いんだけど、ただ表現は行きすぎのものも有ったみたいだな。弄り系はいいとして、ならば言葉もそれなりにしておけば、こんな事にはなってなかったかもね」

 

G「”こんな事”の説明がまだですね(笑)」

ご「なんだっけ? ああ、中学生だかにセクハラした、どころか、ハメてしまったのではないかという話な。

  やはりYouTube界、どいつもこいつも若いから、女に転ぶ奴が多すぎだよ。どいつもこいつも、それしか無いんかと(苦笑)。ま、それなりの年齢の女性を相手にする分にはともかく、中学生は弁護の余地は無いよ」

 

G「よりひとさんは、相手は嫌がってなかったと言い訳してますね」

ご「阿呆か。中学生って言ったらまだ子供だぞ。話をわかりやすくするために幼稚園児にしてみると、相手が面白がっているからってスカートめくったり、お股を触ったりしていいのかよって話だ。

  逆だろ。大人の側は、子供がそういう事に無警戒だったり関心を持っていたりしたら、やんわりと窘めるのが本当だろうが。よりひとはネット上の子供たちに向かって、よく子供扱いしていたけど、自分が大人だと自覚しているなら、中学生相手にいたずらして、それが無問題みたいに言えるものではない。彼もまだまだガキなのだ」

 

G「よりひとさんって、みずにゃんさんより年下らしいですもんね(笑)」

ご「あれは衝撃だった(笑)。という事は、まだ二十歳そこそこって事だろ。とてもそうは見えない(笑)」

 

G「だから、よりひとさんもまだ若すぎるって事ですね」

ご「”物申す”なんて、わしみたくじじいになってからやればいいんだよ。それか、よほど頭が良くないとできないから。よりひとには向いてないよ、ハッキリ言って」

 

G「シバターさんなんかは頭良さそうですよね」

ご「そうだね。”学力が高い”という意味ではなく、やり方が上手いという意味ではな」

 

G「みずにゃんさんは?」

ご「彼は自分で”頭いい”って言ってたけど、自分で言う奴は知れてるから(笑)。彼よりはコレコレの方が多少いいんじゃないの」

 

G「よりひとさんは、もっとネタ要素をわかりやすくした方がいいって事ですかね」

ご「だな。なんだか動画を撮る気力が無くなったみたいな感じで休止宣言していたけど、素質からして無かったって事だろ。弱すぎだよ。シバターが言っていたように、嫌われる覚悟が無かったらやるべきでない事をやり過ぎたよな」

 

G「それで、サイゼリヤの件とどう繋がるんです?」

ご「いや、他ならぬそいつらって、よりひと繋がりじゃんよ」

 

G「ああ、一緒に動画やってましたね」

ご「よりひとの提言が有ったんじゃないの。炎上させれば再生数延びるって。多村家の孫弟子みたいなもんだろ」

 

G「じゃあ、わざとだと」

ご「人脈的に考えて、それからその後の態度とかを見ても、まあ間違い無いとわしは思うね。

  そもそも、隣でツイートした女だっておかしいだろ。フォロワー数が当のYouTuberより多いって、そんな偶然あるか? 登録者1万以上のYouTuberの隣にフォロワー数数万のツイッター主がたまたま座ってる確率なんて、ちびまる子ちゃんクラッチより低いだろ(笑)」

 

G「え? じゃあ、そこまで仕組まれてたと…」

ご「わしはそう見てるけどね。偶然にしては出来過ぎ。偶然だとしたら、凄いサイゼリヤだな、そこ(笑)」

 

 

広告を非表示にする