読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談「将棋連盟会長辞任」ほか

社会 恥痴呆談

 

谷川浩司将棋連盟会長辞任

Gさん(仮名)「将棋連盟の谷川浩司会長が辞任という事ですが」

ごいんきょ「本当にお粗末な運営だったなあ。それにしても、三浦弘行九段は、竜王挑戦権を失う事をよくあんな易々と承諾したなと、そこが不思議というか、解せないんだ」

 

G「タイトルなんて幾つも取っているから、そんなに執着が無いんじゃないですか(笑)」

ご「そんな馬鹿な(苦笑)。彼も、もっと足掻かなかったのが謎だし、渡辺明竜王の言い分も、おかしいな」

 

G「でも、渡辺竜王に同調した有力棋士が多かったから、ああなってしまったわけでしょう」

ご「それにしても運営が幼稚だよ。あそこまで幼稚な運営は、近代麻雀誌の第五期最高位戦以来だな。最高位戦なんて世間になんの影響力も無いから(笑)、出版社の恣意的運営でもそんなに問題無いけど、将棋界が麻雀界とどっこいどっこいの体制じゃ困るよ」

 

G「谷川会長の人間性は、誰人からも文句の無い、素晴らしい人品のようですがね」

ご「故芹沢博文九段のエッセイ本で、わしが好きだったものが有るのだが、その中でも谷川浩司人間性はベタ褒めだった。中原誠については、『(棋界の)太陽もくもる時があるようだ』とか書いていたんだが、当たったんだかどうだか(笑)。とにかく、芹さんがあそこまで誉めていたのだから、わしも彼の人間性は素晴らしいものなんだろうと思う。

  だがなあ、同じ本で芹さんは、こうも言っていた。将棋指しの頭を振れば、カラカラと駒の音がするはずであるというような事をな(笑)」

 

G「要するに、子供の頃から将棋の事しか知らないから、世間知らずの人間ばかりだという事でしょうかね」

ご「だな。そこを客観的に理解していた芹さんは凄いわけだが。今回の件で、正にそういう世間知らずの悪い部分が露呈してしまった。一部にも声が有るようだが、外部の人間に会長をやって貰った方が良いよ」

 

G「でも、また互選になるみたいですよ」

ご「馬鹿馬鹿しい。現役で谷川以上の適任者がいるはずが無いだろう。羽生世代はまだ勿体ないし。

  わしの案としては、会長に誰か適当な人物を招聘して、谷川は将棋会館館長に降格という名目とし、以後は棋士の最高職は館長とすべきだろうと思う」

 

G「空手の極真会(館)みたいですね(苦笑)」

 f:id:sammadaisensei:20170120231035p:plain 

イギリスEU離脱

G「イギリスのメイ首相がEUからの完全離脱を宣言しましたね」

ご「わしが、”安倍晋三改憲と同じで口だけなんじゃないの”なんて言ったもんだから、”あんなのと一緒にしないで頂戴!”ってキレたのかもな(笑)」

 

G「流石に、これでイギリスの完全離脱も決まったでしょう」

ご「どうだかなあ。まだ不確定要素は多いと思うよ。そもそも国民投票だって、圧倒的に離脱派が多かったというわけではない。ジョージ・ソロスは、メイの在任中には無理だろうと予測しているが」

 

G「でも、今年の他の国の選挙でも雪崩を打って離脱派が勝っていけば、自然崩壊の様相になるんじゃないですか」

ご「そうなればな。だが、他の国だって離脱派が圧倒的に多いというわけでもないだろう? そんな情勢だったら、そもそもからしてEUなんて実現してないわけだから」

 

G「あなたは、ずっと昔からアンチ・グローバリズムだから、今の情勢は嬉しいんじゃないですか?」

ご「わしは他の国は基本、どうでもいいんだよ。ヨーロッパがEUでまとまりたいなら、それはそれでいいんじゃないかと思っている。わしが断固として訴えているのは、日本をグローバリズムの呪縛から解放せよという事でね」

 

G「すると、トランプ大統領の勝利は、どちらかと言えば嬉しいわけですよね?」

ご「あれを喜んでる奴って考え足りなすぎだろ(苦笑)。アメリカがEUくらいに日本から離れているなら、”ああ、見ている分には面白そうだね”で済むよ(笑)。だが、アメリカの大統領という事は日本の頭領でもあるんだぞ。あんな不安定な人間を喜ぶ奴の気が知れん」

 

G「なるほど。たしかに、自分の会社であんな社長だったら嫌ですよね(笑)」

ご「だろ?(笑) みんな想像力というか、想定力が足りないと思う。彼がいま中国を叩いているからって単純に喜んでいたら、足を掬われかねんぞ」

 

 

アパホテル

G「今、中国と言ったらアパホテルのわけなんですが(笑)」

ご「山本一郎がガクブルしてたなあ(笑)」

 

G「あれ? 彼って、自分は”保守主義者”って二言目には言ってませんでしたっけ?」

ご「彼の言う”保守主義者”が”日本の保守”ではないからな。彼の言う保守ってのは形而下的なものだろ」

 

G「わかりづらすぎます(苦笑)」

ご「ワザとだから、いいんだ(笑)。まあ保守と言うよりは、功利主義とかプラグマティズムと考えた方が理解が早いと思うよ」

 

G「それでもわかりづらいですがね(苦笑)。今回の場合で言えば、諸外国にそういう眼で見られるのは損だと彼が考えているとあなたは考えているという事ですね」

ご「そうそう。山本がそう考えているとわしが考えていると君の考えている事は合っているよ」

 

G「わかりづらい表現大会ですか!(苦笑)」

ご「わしは、そのアパの人の本は読んでいないし、これからも読む気は無いのね(笑)。だって、どうせ誰かが書いていた事の受け売りでしょ。その手の主張の本を全く読んだ事が無いわけではないから、そんな物をお金を出してまで、と言うかお金を貰っても読む気は無いの(笑)。だから、あまり突っ込んでは言えないな」

 

G「南京大虐殺は無かったとは考えているんですか?」

ご「虐殺は有ったのかもしれないね。だって、便衣兵とかいたんだろ。ただ、”大虐殺”なんて表現はどうなんだとは思うね。それだったらソ連による日本侵略とか、元寇だって大虐殺だろうと。

  いつまで咎め合うんだって話だな。韓国みたいに千年二千年言い続けるって話なら、中国とも縁を切った方がお互いのために良いと思うよ。

  ちなみに、中国は当然として朝鮮も元寇の時に日本を侵略しているからね。まだ千年も経っていないから、日本人は謝罪と賠償を求めてもおかしくないんだ、韓国の論理で行けば(笑)」

 

 

元号問題

G「なんだか改元の話で変な報道になってますね」

ご「元日にやると言ったり、宮内庁が無理だと言ったりな。要するに安倍のヘタレが、宮内庁にお伺いを立てられないわけだろ。普通だったら、元日ではどうでしょうかとか内々に聞いておいてから情報を流すだろ。それが出来ない。陛下が恐ろしいから(笑)。

  いや、陛下の御目を畏れるというのは、むしろ健全な事で、安倍が完全なキチガイではないという証明ではあるんだよ。だけど宮内庁を通してくらい、図れよと。そのために無理矢理な人事までしたんとちゃうんかいと(笑)」

 

G「正月改元は有り得ないんでしょうか」

ご「だから、それは密に相談すれば絶対に不可能ではなくて、やりようは有ったろうよ。まあ馬鹿なんだな。民間会社だったら折衝役がこんな失態したら、即左遷だろ。今や面の皮さえ厚ければ馬鹿でも勤まるからな、政治家は」

 

G「どんどん反安倍色が強まってますね、ここ(苦笑)」

ご「予告済みだ(笑)。特別法だのなんだの言っているうちは、わしは安倍の反目だよ」

 

G「竹田恒泰は、譲位で改元するのはおかしいと言ってますね」

ご「わしも指摘されて思ったが、一理は有るよな。ただ、一世一元制がここまで浸透しているし、それはいいんじゃないか。

  竹田は、一世一元制は天皇崩御という最大の悲しみで改元するのだと言っているが、ならば最大の喜びである新帝誕生で改元するのも、なんらおかしくない」

 

G「そもそも改元するというのは、天皇の権限だったんですよね」

ご「そう。だから、昔の人は天皇なんか知らなかったなんて馬鹿な事を平気で口走る阿呆がテレビとか雑誌でもたまにいるけど、そんなはず無いから。昔は二三年で改元するとかザラだからね。その度に、天子様が改元されたという事は伝わらないはずが無いから」

 

G「災厄が有った時に改元してたんですかね」

ご「まあ、最も目立って判り易い形の改元はそういう事だよな。それで時を改めるという。

  竹田が言うには、喜びの時にも改元したという事だから、新帝誕生での改元で何も問題は無い。あとは、時期についても陛下のご意向が有れば伺うのが筋だろ、普通。安倍って、自分の記事のコメント欄を読めないガラスのハートのブロガーみたいなヘタレで役立たずなのよ(笑)。

 ただ、それは彼が完全なキチガイではないという証左でもあるので、そこに於いての救いは有るんだがな」

 

G「ヘタレだけどキチガイではないからマシって、ちっとも嬉しくない救いですね(苦笑)」

 

広告を非表示にする