無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談

恥痴呆談「安倍昭恵を断頭台に乗せようとする民主主義という大病」

Gさん(仮名)「木曜は籠池デーでしたね(苦笑)」 ごいんきょ「午前の部、午後の部、更に夜の部まで有ったんだからな(笑)」 G「夜の部とは、外国特派員協会での会見ですね」 ご「凄いよなあ、あの人。あれだけ緊張を強いられる場で、一日中、何時間も喋…

恥痴呆談「現役閣僚Xが籠池氏側から金銭を受領?」

Gさん(仮名)「今週も森友学園の問題ですかねえ」 ごいんきょ「話すこと無いんだよな(苦笑)。まともな情報なんか一つも無いじゃないか」 G「一応、”閣僚と金銭の授受が有った”って報道がされましたよね(苦笑)」 ご「”閣僚”っていうから稲田防衛大臣か…

恥痴呆談「ヤマト運輸の値上げはデフレ脱却への舵を切れるか」

ヤマト運輸の値上げ 森友学園問題 南スーダンの自衛隊撤収へ 朴槿恵大統領 罷免さる ヤマト運輸の値上げ Gさん(仮名)「ヤマト運輸が値上げに踏み切るという事で、Amazonの送料無料も危うしって感じですが」 ごいんきょ「これなあ。随分と前から現場の悲鳴…

恥痴呆談「森友学園問題で全く触れられない視点」

Gさん(仮名)「段々とテレビや週刊誌でも森友学園の問題が騒がれるようになってきましたが」 ごいんきょ「そうだねえ。ただ、なんとか安倍晋三を貶めればいいんだってやり方をやっている連中は、流石に無理筋って気がするし、卑怯だな」 G「安倍首相は絡…

恥痴呆談「北朝鮮大使館員が暗殺に関与か」

金正男暗殺に大使館員が関与か 小金井ストーカー事件意見陳述 金正男暗殺に大使館員が関与か Gさん(仮名)「正男さんの暗殺事件ですが、なんと、北朝鮮の大使館員が直接関与していたという話ですよ」 ごいんきょ「『なんと』って? 北ならべつに不思議は無…

恥痴呆談「金正男暗殺」

金正男暗殺事件 日米首脳会談 金正男暗殺事件 Gさん(仮名)「とうとう正男さんが殺られてしまいましたねえ」 ごいんきょ「まあ、いつ殺されてもおかしくないという状況だったと思うんだけど、なんで亡命しなかったのかなと、それが不思議なんだな。やはり…

恥痴呆談「炎上男・長谷川二名」

炎上男・長谷川豊が政治家に 東京新聞の方の長谷川も炎上中 JR民営化の失敗 炎上男・長谷川豊が政治家に Gさん(仮名)「ここでも炎上時に何度か扱った長谷川豊が、維新の会から衆院立候補を目指すって話ですが」 ごいんきょ「炎上前から彼の主張は気に食…

恥痴呆談「アベノミクス終了か」他

アベノミクス終了か JASRACが音楽教室から著作権料徴収へ アベノミクス終了か Gさん(仮名)「事ある毎に日本に牙を剥くトランプですが、とうとう”アベノミクス”に噛み付いてきましたね」 ごいんきょ「 これって、安倍晋三も言っているけれど、先ずア…

恥痴呆談「帝政電電」ほか

訂正でんでん 稀勢の里 横綱昇進 アパ本の増刷 訂正でんでん Gさん(仮名)「やらかしましたねえ、安倍さん(苦笑)」 ごいんきょ「帝政電電な。NTTに誰かワンマンな経営者でもいるのか?(笑)」 G「なんで、ああなりますかねえ」 ご「これってさあ、…

恥痴呆談「将棋連盟会長辞任」ほか

谷川浩司将棋連盟会長辞任 イギリスEU離脱 アパホテル 元号問題 谷川浩司将棋連盟会長辞任 Gさん(仮名)「将棋連盟の谷川浩司会長が辞任という事ですが」 ごいんきょ「本当にお粗末な運営だったなあ。それにしても、三浦弘行九段は、竜王挑戦権を失う事…

恥痴呆談「トランプはなぜ中国や日本を敵視するのか」 他

トランプ政権発足 慰安婦問題 トランプ政権発足 Gさん(仮名)「いよいよトランプ政権が発足しましたが」 ごいんきょ「次から次とゴールドマンサックスの人間を起用しているな。ゴールドマンと言ったら、小泉と竹中が必死になっていた、日本の郵政民営化の…

恥痴呆談「ストーカー規制法とインターネット」ほか

成人の日 皇室問題 ストーカー規制法とインターネット 成人の日 Gさん(仮名)「正月休みが明けたと思ったら、また連休なんですよね~」 ごいんきょ「なんだか、だらけてしまうなあ。ここまで休みだらけにしなくてもと思うが、問題は成人の日の日付を変えて…

恥痴呆談「平成二十八年を振り返る」

八月八日勅語 安倍外交 トランプ大統領 八月八日勅語 Gさん(仮名)「暮れも暮れ、選りに選って大晦日が恥痴呆談なんですよ」 ごいんきょ「丁度いいじゃないか。今年を振り返ってみよう」 G「先ず、内政では8月8日の勅語ですよね」 ご「うん。一昨日の29…

恥痴呆談「少子化問題」ほか

天皇誕生日 退位制度に関する民進党案 韓国軍竹島上陸 出生数100万人割れ 天皇誕生日 Gさん(仮名)「昨日は陛下のお誕生日でしたが」 ごいんきょ「お風邪を召したとの報道が有ったが、お元気そうで何よりだったな。皇后陛下もご体調が優れないとの報道も有…

恥痴呆談「日露首脳会談」

日本語が不自由な日本人たち 日露首脳会談 日本語が不自由な日本人たち Gさん(仮名)「ちょっと聞いて下さいよ」 ごいんきょ「はいはい。なんだね」 G「つい先程、TBSラジオのニュースだったかな、『試算、こころみのけいさん』って読んでたんですよ」…

恥恥放談「WELQ問題その他」

WELQ及びまとめサイトに関して 皇室問題 日本死ねというヘイトスピーチを認める愚か者ども WELQ及びまとめサイトに関して Gさん(仮名)「今、ネット上の問題で一番大きいのは、DeNAの運営していたというWELQの件でしょうね」 ごいんきょ「…

恥恥放談「カジノ法案衆院通過ほか」

Gさん(仮名)「なんなんですか、この形は?」 ごいんきょ「いや、今回から恥恥放談は、対談形式にする事にしたのだよ」 G「対談形式って、一人しかいないのに馬鹿じゃないんですか!?」 ご「そう言うな。わしの内面の声である君に聞き手になって貰うとい…

大谷翔平は史上最高のプロ野球選手

ワタクシは、ことエンターテイメントに於ける日本人の感性には徹底的に絶望している。 ゲラゲラ笑う「お笑い」に関してだけは、日本中が明石家さんまの雑談芸によって育てられ、ごくごく普通にこちらの期待した、時には期待以上のツッコミを入れて貰えたりす…

安倍晋三が日本に向けて放った第一の矢 = 日本人の安全保障意識解除

愚かな連中だ。 空気が読めない政治家なんて、クリープを入れないコーヒーみたいなものだろう(昭和語)。 勿論、空気を作るのが力量ある政治家であるのだが、そのためには空気を読めないとならない。 絶対に実現できない事に労力を費やすのは、時間その他の…

トランプ「大統領」の真の危険性

トランプは本当に反体制だったのか トランプを支持していたのは、プア・ホワイト、貧しい白人もいたのだろうが、実は富裕層も支持していたのではないかと思われる。 TBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」でアメリカ情報を伝えている北丸雄二の感触では、選…

ミラクルトランプは絵柄がわかる

それにしても、みんな本当にトランプがなるわけないと思ってたんだ。 ワタクシは、向こうのカスゴミどもがどんどん悲鳴のオクターブを上げていくのを見ていて、本気で怖れているんだろうなと思ったし、また、あんたらが露骨な反トランプの報道をすればするほ…

欅坂陣営にやって欲しい逆襲策

正直、欅坂なんたらがどうなろうとワタクシはまったく関心が無かったのだが、いつも通りのと言うか、既視感の有る光景が繰り広げられてきて、ちょっと不愉快になってきた。 なんで人権団体というのは、このような人権を抑圧するような要求が多いのかね。 だ…

「一般人の指摘で改めたら死ぬ病」

産経・朝日は「謝ったら死ぬ病」が治癒したのだろうか 「謝ったら死ぬ病」というのが有る。 所謂ネットスラングだが、それだけネット上でよく見かける人々という事だろう。 ワタクシが二大おりこうさんと言った長谷川豊や小林よしのりはその代表格で、現実に…

マジかよ、ボブ・ディラン最低だな

スウェーデン・アカデミーの連中がボブ・ディランにブーたれているらしいですぜ。 普通、他人を表彰しようという場合、先ず本人に候補となった事を通知して、そして決定したら、誰より先ず本人に告知をして、正式に発表手続きを取るというのが常識なのではな…

「退位制度」、「譲位制度」、「事実上の譲位」、考えれば幾らでも表現手段は有る

とまあ、記事題で全て終わる話なのだが。 「生前退位」などという破綻した日本語を定着させようとした、最初の人間は何者なのだろうか。 よくNHKが疑われているが、ワタクシは宮内庁の役人の誰かではないかと見ている。いかにも阿呆な役人が作りそうな、…

澱痛でござる

かの東京五輪にまつわる種々の不手際以来、電通の神通力が衰え気味なんでしょうか。 それにしても、今時これだけの超大企業で、ここまで「コンプライアンス」とやらをガン無視した会社も珍しいんじゃないでしょうか。 おそらく、戦中戦後の体制が、悪い意味…

長谷川豊にやられた

いやー、まいったな。やられたって感じだ。 彼の一つ前の記事を見て、まだ失敗を続ける気なのかなと思い、またちょっとキツめの記事を書いて投稿してしまってから長谷川ブログを見たら、こんな記事が上がっているという。 慌てて自分の前記事は消しました。 …

長谷川豊炎上帰結続報 と 9/30朝生「象徴天皇と日本の未来」を見ての感想

長谷川豊続報。 可哀想だが仕方無い面は有る。 読売テレビ総合広報部は「長谷川氏のブログ、およびその後の患者団体による抗議への長谷川氏の対応などから総合的に判断した」と説明した。 あの釈明文では火種は燻るだろうなと思ったが、案の定だった。 BL…

長谷川豊炎上問題に絡めて我が身の回りを語ってみる

所詮はガキに過ぎなかったのか長谷川豊 なんと、ワタクシにとっては驚愕の展開となった。 エッ!となってしまった。 念の為、長谷川豊の年齢を調べてみた。 41。 おいおい。四十にして惑わずで不惑だぜ。 四十過ぎた中年があんな事を書いて、あげくの釈明文…

つくづく恐るべき蓮舫

朝の投稿で、「謝姓に誇りを持っている」というのは(日本以外の)国を背負った感情としか思えないと書いたが、案の定だった。 帰化して、日本の構成要員になって初めて手にするものが参政権だ。ただし、国籍に全員がアイデンティティを感じるものではない。…