読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄じゃ無駄じゃ(?)

すべては無駄なんじゃよ

恥痴呆談

グローバリズム対ナショナリズムの戦闘時代

イギリスの国民投票でEUからの離脱が決定したと言うけれど、本当に実現するのだろうか。 そもそも、事前の世論調査で残留派が優勢とかなっていたのに、実際には離脱派が勝つとか、どうも胡散臭い(笑)。 有力投資家が一儲けするために情報操作してないか…

AV業界激震

ま、ワタクシを除く不埒な男性諸氏には結構影響の有る報道なのかもしれない。 ワタクシも、下衆どもがどのような慰みをしているのか視察する意味で、たまに所謂AVというものを視聴する事が有るのだが、今回の報道とは些か場合が異なるが、これっていいのか…

保守、右翼、リベラル… 日本に於いてどう考えるべきか

安倍自民党が保守ではないというのはその通りとしても、お前らだって ↓ 保守のわけないだろうが(笑)。 少し前にはこんな男も。 寛容と多様性は、保守の本質だったはずだが。百田氏は、わが国の保守の歪みを象徴している。百田尚樹氏「本当につぶれてほしい…

人類の民度が加速度的に下降しているという懸念

本日は2つの報道を扱う事になってしまった。 印鑑如きが何故そうも重視されなければならないのか これ、世間的にはあまり大きな報道ではないだろうけれど、ワタクシには驚愕の判決。それも最高裁というのだもの。本当にいいのか、これで!? なにしろ、筆跡…

オバマ広島訪問に逆張りする人たち

現職のアメリカ大統領としてオバマが初めて広島訪問し、ニュースに於いて話題となっている。 ワタクシも、それはそれで一つの、いや、半歩以下なのかもしれないけれど、進歩ではあるだろうと思っている。 けれども世の中には色々な人がいるから、わざわざこ…

舛添(笑)

いやあ、日本憲政史上、ここまで酷い政治家がいたんでしょうか。 あまりにお粗末すぎて、逆にもっと飼っておいて様子を眺めていたくなります(笑)。 大体、平成になってから特に、政治家の劣化が物凄い。かつてでは絶対に見なかった見苦しい人種が、あちら…

毒々しい背景の前で無色でいようとすると逆に異様な姿で浮かび上がるでござる

パナマ文書が現時点では予想通り余震程度の揺れで収まっていますが、そんな中での唐突なセコム人事は一体なんなんでしょう? どこもパナマ文書とセコムを結びつけておらず、人事の意図も報道されていないため、非常に不透明極まりない。 どうもかなり以前か…

パナマ文書公開前夜

日本時間10日未明に公表されるというパナマ文書なのですが、どうなんでしょう。日本ではどの程度の震度が有るのでしょうかね。 注意深く見守りたいと思います(政治家調)。 で、当初から囁かれていたのが、「どうせアメリカの陰毛か陰嚢か珍棒か陰棒だろ」…

自粛 不謹慎狩り ヘイトスピーチ 表現の自由 インターネットが人類に託すものとは

ここの所、表題に書いたような感じで、表現の自由に関する話題が多い。しかし、いまだにそれらを統合して、こうすべきなのだと喝破できた文章を見ない。 言ってみればアインシュタインも為し得なかった統一場理論にも匹敵する、表現の統一場理論、インターネ…

恥恥放談「自由を弄ぶ者は自由の敵」

少し前に、タイ王室ゆかりの地で乱痴気騒ぎをして国際ニュースになってしまった連中の話題をご記憶の方はいらっしゃいますでしょうか。 若者が旅先で羽目を外すのは、ワタクシも多少は理解できます。けれどもこの時は、王室ゆかりの地だからやめて下さいと警…

恥恥放談「台湾地震予測研究所」

台湾の地震予測研究所という所が3月に、近く日本でマグニチュード7程度の地震が起きる可能性が高いと警告していた報せは、ワタクシも注目し、同僚にも世間話程度で話していた。 しかし予告の20日間は過ぎ、しばらく経ったので、今回は予測も外れたようだな…

恥恥放談「世界不況とパナマ文書」

アベノミクスなんて言葉がまだチヤホヤされていた2013年初頭、ワタクシはその失敗を予告し、更に問題点も指摘、更に更に真の解決策も、このブログで書いた事が有る。 当時書いていた場所はもう無くなってしまったので(と言うか、ワタクシがそういう事を書き…